スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

BUGY CRAXONE@LOFT

6/15ですが、新宿のLOFTで行われたBUGY CRAXONE主催の「Hello, Punk Lovers tour」に参加してきました。BUGYのみですが、レポします。ちょいアヤシイですが、セットリストから。

0. Big Mouth
1. dreamer
2. Oh yeah
3. Why not?
4. How are you?
5. Good day
6. Come on
7. ベートーベンとチェルシー
8. ロマンチスト
9. WATCH YOUR STEP
10. DA・DA・DA
11. I scream
<アンコール>
12. NORTHERN ROCK

BUGYのライブは3月のインストア以来、とうとう10回目です。前回は及川君と由紀子嬢のみのアコセットだったので、バンドとなると昨年3月からこっち無かったな。一昨年は5回も見れたのに、去年はその1回きりと寂しかったんだよね。この日はレコ発ツアーの初日ですが3組の対バンで、BUGYの出番はNo Regret Life、RADIO CAROLINEに続いてのトリ、20:30を少し過ぎていたかな。お馴染みのSEをバックに皆さん揃って登場。由紀子嬢の衣装はジーンズに白いフレンチスリーブのツアーTシャツ。髪は少し長目で内巻きカール入ったボブ風がキュートでした。
1曲目はリリースされたばかりの『Hello, Punk Lovers』からで、最初の音が鳴った瞬間から一気にBUGYの世界に持ってかれちゃったな。パワーとノリの良さ、そして乾いた空気感に北海道の風をイメージしてしまったよ。由紀子嬢も端からシャウト連発でしたが笑顔を見せていて、まだまだ余力を残している雰囲気。ツアーのスタートを自ら楽しんでいたのかも。2曲目も新譜からで、この曲はリズム隊が走ってたわ。途中から笈川君のGt.も負けずにハイスピードなリフで挑んでて、バトルのような緊張感もあったね。後半の男性陣皆さんのコーラスではようやくバンドの一体感も出て、フロアも巻き込んでのコーラスは楽しかった。由紀子嬢もそれに応えてフィニッシュのロングトーンは力入ってました。

3曲目は旧譜からですが、ライブの定番曲。で、過去のセトリを調べてみると3回が今回と同じ3曲目でしたよ。1回あった1曲目を含めると、前半の起爆剤と考えているのかも。由紀子嬢にとっても起爆剤のようで、間奏中にオフマイクでシャウト噛ますとか爆発してたわ。曲が終わった瞬間に「Thank you!」と叫び、「We are BUGY CRAXONE!!」と短い自己紹介入れて、4曲目へ突入。ここからちょっとペースダウンした感じもあり、この曲もCDよりちょいテンポ遅めだったかも。演奏も隙間あって、由紀子嬢のヴォーカルにフォーカスしてた気もするし。5曲目も入りはユル目だったけど大サビからテンポアップし、叩きつけるような言葉の連発から再びヒートアップ。及川君と旭君に続き、フロアもコーラスで参加して全員で由紀子嬢をバックアップしてたよ。
6曲目はCDと同じくBs.ソロからでしたが、1コーラス目の入りはGt.無しでのスタートだったかな。これもカッコ良かったね。で、大サビ前の間奏では笈川君のリフがクレイジーな暴れっぷり。CDでも聴けたブレイク後の由紀子嬢のさりげない「おぅ」という一言も聴けたのが嬉しかった。7曲目はAメロの隙間のある部分とテンポアップするサビのギャップが面白いね。モンチのハイテンションな口ホイッスルもビミョーですが効いていて、アウトロでは由紀子嬢も口ホイッスルに参加していたっけ。

メドレーでなだれ込んだ8曲目は新譜の中でも一番好きだった曲。パンキーなDr.とCDよりケルトさが出てたGt.リフに惚れ直したね。ただヴォーカル、PAちょっと突っ込みすぎてコンプの歪が気になってしまったのが残念。由紀子嬢は楽しそうに笑顔で歌っていたのが印象的でした。ここで今後のイベントスケジュールなどのMCもあり、「今度のアルバムはヒネクレ物だけど、聴いてね」との由紀子嬢からのお願いもありました。9曲目もすっかりアンセムになってますね。そして、この曲は「Why not?」とは対称的に後半3曲以内の登場が多いアンカータイプ。とにかく中盤四つ打ちのバスドラとフロアの手拍子のみで歌う由紀子嬢は、神々しささえ感じます。
10曲目はライブで初めて聴いたかな。とにかく強烈なビート、由紀子嬢も踊りながら体全体で歌っている雰囲気。っていうか叫びが主体だったかも。ラストの「オー!」というシャウトにはこちらの魂も共振してたね。で、本編ラストは前の曲から引き続きビート強調で締めイントロから及川君と由紀子嬢が柵に上って、フロアを煽ります。この曲はGt.2本もリフではなく打楽器のようなビートで、バンド全体がリズム隊化したかのよう。そこに由紀子嬢のブチ切れのシャウトが加わるんですから、凄まじい圧力。2コーラス目からは由紀子嬢はGt.を背中に回して、ハンドマイクとなり柵に上るわ、ステージ左右に暴れ回るわと大活躍。アウトロのJAMもバンドだけなくフロアの手拍子、歓声も一体となって登りつめていった感じ。由紀子嬢の「Thank you, bye bye」という一言にも充足感があふれてましたよ。

アンコールは「突き抜けろ北の空! NORTHERN ROCK!!」といういつのものシャウトからスタート。この曲での由紀子嬢は本編での笑顔が多かったステージとは一変して、非常に集中した表情。一点を見つめ、見えない何かに挑みかかるような歌い方でしたね。私がBUGYのライブに参加し始めた2005年頃は、最初から最後までこんな感じだったことも多かったっけ。あの頃はメジャーを離れて自主レーベルを始めたばかり、そんな状況も関係していたかな。今は音源も続けざまにリリース出来ているし、BUGYの皆さんもハッピーなようで何よりです。1時間弱のステージに、充実感が見え隠れしてました。秋までツアーやらイベントで忙しそうなので、またライブに行ける日も近そうで楽しみです。
Hello,Punk Lovers

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.06.25 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

すえぞ。さん、挨拶もそこそこですみませんでした

前のレコ発は参加できなかったのでこの日を待ちわびてましたが、待った甲斐がありましたね。確かに新譜からの曲が少なくてちょと残念でしたが、プチベスト的なセットだったのが嬉しかった。秋にはワンマン期待しましょう。

2008-06-29 日 14:35:57 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

お疲れさまでしたー

新曲ライブ映えしそうだと思ってましたが、
実際よかったですね(^^)
全曲聞けなかったのが残念でした(TωT)
決まってない(?)ツアーファイナルに期待です!

2008-06-29 日 13:38:16 | URL | すえぞ。 #QKSAZD.k [ 編集 ]

よしきさん、いつもコメントくださりありがとうございます

BUGYは短いステージだったけど、安定したパフォーマンスが印象的でしたね。秋にはワンマンやってくれるかな?
GO!GO!は他のライブと重なっていて野音に参加できなかったのが残念でした。レイチェルも春の関東遠征を逃して以来、こちらでライブが無いんですよね。早くステージ見られることを祈ってます。

2008-06-27 金 00:25:21 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

あいかわらず…

そこに居ずとも情景が想像出来るレポですね~☆
すばらしいっす!
おいらも努力します(>_<)
んで、今日京都参戦してきましたんで、また近々アップいたしますね~♪

2008-06-26 木 23:18:20 | URL | よしき #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。