スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Salyu@音霊

さてようやくRSR後のレポですが、8/19に逗子の音霊 SEA STUDIOで行われた「Salyu×SUEMITSU & THE SUEMITH」というイベントに参加してきました。Salyuのみで申し訳ありませんが、レポします。ちょっとアヤシーけどセットリストから。

1. アラベスク
2. エロティック
3. 光りの束
4. 双曲線
5. name
6. 夜の海 遠い出会いに
7. be there
8. 砂
9. VALON-1
<アンコール>
10. to U

Salyuのステージは昨年のRIJF以来で、とうとう10回目ですね。2005年の「First Solo Live」に参加して以来、約3年で10回とハイペースでしたが、この1年はちょっと音沙汰が無くて寂しい思いをしてましたよ。このライブも気が付いた時にはSold Outだったのですが、mixiで追加チケットが発売されるという情報を得てようやくゲット。いや、この久々のライブを逃さなかったのはラッキーでした。音霊も今年既に4回目の参加とお馴染みでしたが、この日は今年これまで参加した中では最高の入り。特にこの日は日差しはあまり無かったけど、風も無く湿度が高めとかなりの悪条件。ギッシリ入ったフロアにいるだけで滝のような汗が流れてきました。平日だったので会社を早めに抜けて直行しましたが、到着するとSUEMITSU & THE SUEMITHのステージが既に始まってましたっけ。途中暑さに耐え切れず、外に出て一服してしまったほど。さて、SalyuのステージはサポートとSalyu自身が一緒に登場してスタート。サポートのメンバーは昨年のRIJFと同じGt.名越由紀夫、Kb.SUNNY、Bs.キタダマキ、Dr.白根賢一の4名だったかな。
Salyuの衣装はコバルトブルーに白い花柄のプリント入ったショルダーレスのロングドレスで、足元は不明。カラーリング入った髪を後ろでまとめ、パール入ったシャドウとかが夜のリゾートっぽい雰囲気でしたね。あと、何より1年ぶりに見るSalyuがかなりスリムになっていたのにビックリ。メイクの印象もあるけど、大人っぽくなってたかな。で、1曲目はLily Chou-Chou時代のナンバーからスタートで、エレピ、Bs.から弓を使ったE.Gt.そしてシンバルがインプロっぽく絡んでゆくイントロからゾクゾク来ました。スツールに座ったSalyuがじっと名越さんの方を向いて聴き入ってたのも印象的でしたね。深いリヴァーブが効いた歌が始まると、一気に『呼吸』の世界にトリップ。Lilyの曲は多分一昨年のイベントで「再生」を聴いて以来だけど、ヤッパいいわ。潮騒をバックにこの曲が聴けるなんて幸せ。続いて2曲目も『呼吸』からで、名越さんは弓を置いて白いJazzMasterにスイッチ。間奏ではそのGt.ソロにスキャットで絡むとかSalyuも乗ってきました。声も1曲目より出てきて、ハイトーンも安定して来ました。

3曲目からSalyu名義の曲が始まったけど、この曲は「Dialogue」のC/Wでこれも聴くのはアコツアー以来かな。久々に歌うからでしょうか、目を閉じて集中した表情で歌っていたSalyuが珍しかったね。歌も丁寧に歌っていた感じです。短いMCがあり、4曲目は名越さんがアコギを抱えてスタート。この曲も「name」のC/Wで、ライブで聴くのは初めてですね。Salyuの特徴でもあるパワーあふれるハイトーンが目立ってきて、間奏でのアコギのリフとスキャットの絡みは鳥肌モノ。ここで長めのMCがあり、逗子は母親の実家が近いとか話してましたっけ。昨年のツアーでも神奈川は地元なので力入るとか言っていたのを思い出しました。メンバー紹介もあって、5曲目は前の曲のタイトルナンバー。それまで座って歌っていたSalyuも、立ってハンドマイクと気合が入って来たよ。SUNNYさんのコーラスも加わったり、声も更にパワーを増していよいよSalyuの本領発揮。この声のドライヴ感だけでも凄いけど、名越さんのアコギのストロークやキタダさんのグルーヴしまくるBs.ラインもそれを一層引き立ててたっけ。アウトロのスキャットを歌い終わった後、ちょっと不満げな表情を見せていたのは自らの声の調子を憂いてたのかな。
6曲目は必然的な選曲ですね。このシチュエーションで、この曲を歌わなかったらもったい無いですから。歌い出しからSalyuお馴染みの体を折り曲げて、搾り出すようなヴォーカルスタイル。多少ピッチは不安定ですが、そんなの問題にならないほどのパワフルな声に圧倒されます。全身全霊を込めた声がお腹に響いてきましたよ。アウトロでのハイトーンのスキャットがディストーション効いたE.Gt.や、スペイシーなシンセと絡みまくる展開も凄まじい迫力。この日のベストパフォーマンスはこの曲に決定ですね。歌い終わってのフロアからの大歓声にニッコリと微笑んでいたSalyuも満足そうでした。8曲目は走るDr.ソロからでしたが、やはりこのDr.はあらきさんで聴きたかったな。あらきさんの躍動感はヤバかった、って今更ながらに感じます。まあ、それ以外はSalyuのドライヴするハイトーンや、SUNNYさんのコーラスとの美しいハーモニーなど素敵だっただけに、Dr.だけが惜しかったわ。

そして、「ここからバラードを」というMCがあり、8曲目は「Peaty」のカップリングでこれもライブでは初めてだったっけ。エレピメインでの伴奏で、Salyuもまたスツールに腰掛けてゆったりと歌ってたな。本編ラストは初期の名曲で締めですが、この曲はライブでも演奏回数は多いよね。ソロでも初期の頃はLilyの雰囲気が残っていて、1~2曲目を聴いた後ではその感が強くなるな。ただ、ヴォーカルスキルは確実にアップしているので、当時のライブよりシビレる歌声にはなっていますけどね。伸びまくり、フェイク入りまくるロングトーンは凄いの一言。アンコールで登場のSalyuはかなりハイテンションで、MCでもはしゃいでましたっけ。ポニョの映画で泣いたとか話すと、客席からあの歌のリクエストがあり、「ポ~ニョ、ポニョ、ポニョ、魚の子」とワンフレーズ歌ってくれたのも楽しかった。先日はえっちゃん、この日はSalyuと大好きなヴォーカリスト二人がポニョを歌ってくれ、この夏の大きな思い出になりそう。
アンコールは彼女の代表曲でフィニッシュ。1コーラス目はほぼRhodes風エレピのみで歌い、サビからアコギ、そして間奏でリズム隊が参加してゆく展開。この曲ではパワーより温かみを感じさせる声で歌っていたのが印象的だったな。真っ直ぐに正面を見て歌うSalyuも気持ち入っていた感じでしたっけ。1時間ほどのステージでしたが、Salyuの健在ぶりが確認できて良かったよ。9月中旬にも横浜のJazz Clubでワンマンを行うそうですが、そちらはチケットが取れなかったんですよね。その後、大きなイベントにいくつか出演も決まっているので、また近いうちにSalyuに会えるのを楽しみに待ってます。CDのリリースも早く決まるといいな。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.09.06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

お、TOPSさんも同席してましたか

Salyuのシェイプアップは多少リバウンドもありましたが、今のところは成功していますね。痩せてもヴォーカルに影響無いのが嬉しいし。
ネットの情報では音源も一応は完成したそうですが、それが没になったとかならないとか。まあ、ブログの書き込みを見ると彼女も凹んでいないようなので、じっくり待ちましょう。きっと期待以上のものを聴かせてくれるはずです。

2008-09-09 火 00:10:44 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

観るたびにスリムになる? Salyu

この日は僕も半休(本当は有休にするつもりでした)を取って、早めに仕事を切り上げて逗子へ行くことにしていましたが、仕事が思いのほか手こずり、ちょうど開演予定時間に到着。オープニングアクトの二村佳代子は聞けませんでしたが、Salyuは期待通りでしたね。別に行きたいライブが2件あったのですが、こちらに来て良かったと思いました。MCではおばあちゃんの話と、例のポヨのくだりがあって、良かった。気のせいか、また痩せた印象です。

ちなみにこのライブのチケットは、かなり後まで売れ残っていたんじゃないかな。実はOTODAMAには初参加だったのですが、かなり劣悪な環境ながら、かえってそういうときの方がミュージシャンも燃えたり、客の反応も良かったりするものです。Salyuのライブですが、そろそろワンマンでじっくり聞きたい。

2008-09-08 月 14:59:49 | URL | TOPS #Lin/t3a. [ 編集 ]

junperさん、RSRでお会いした時も

行きたいとおっしゃってましたね。私もRSRの後遺症で足にシップをして無謀な参加でしたけど、久々のSalyuのステージは感じるものが多かったな。着実にSalyuも進化しているようなので、次のライブに期待しましょう。

2008-09-06 土 23:59:44 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

このイベント行きたかったんですよね~。
Salyuのシングルは持っていないので、セットリストは知らない曲が多いな、という感じです。モーションブルーは僕もチケットNGでした。早くSalyuのライブが見たいです。

2008-09-06 土 21:34:58 | URL | junper #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。