スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ジン@芝浦工大

11/2一発目のライブは芝浦工大の学園祭である芝浦祭で行われたジンのフリーライブに参加してきた。ひぃたんのブログからのコピペですが、セットリストから。

1. Introduction
2. 四季彩彩
3. 創の手
4. ガンマ
5. スケール
6. トーン・ジギ
7. 夜鷹
8. 白夜
9. お天気雨
10. ワンスモア
11. 同じ風が吹く
12. 雷音
<アンコール>
13. 解読不能
14. マラカイト

ジンのライブは4月のツアー以来で、5回目。今その時のレポを見ていたら曲数がアンコ含め15曲で、フリーライブだったこの学園祭から2曲多いだけだったのか。そう考えるとお得なライブだったかも。会場の芝浦工大はウォーターフロントの豊洲にあり、出来たばっかって雰囲気。周辺も高層マンションがニョキニョキ建設中で、ちょっとバブリーな風景。ライブ中は風も無く暖かかったけど、冬は風がキツそうだな。ステージはキャンパスの中心にある広場に組まれた野外ステージだった割に、PAしっかりしていたのは流石に工業大学。開演時間の12:30を5分ほど過ぎて、先ずDr.の哲之が一人で入場。激しいDr.ソロを叩き始めると、しばらくしてBs.のもときが手拍子を煽りながら現れ、そしてGt.のハルカも続いてお馴染みのジャムがスタート。最初はゆるくBluesyに始まったGt.だったけど、徐々に激しくなりステージ前のお客さんからも声が上がってたよ。
ジャムから1曲目のイントロに変わると、いよいよひぃたんも登場。この日の衣装はチャコールグレーのニットタンクトップに白のフェイクファーのベストと、茶色主体の民族調で薄手なロングスカート。髪はいつもの黒髪ロングだったけど、両サイドに赤系のメッシュ入ってたかな。4月に比べかなりスリムになって、おまけにキッチリとメイクもしてたんでエライ綺麗に見えたね。太陽の下で見るジンも初めてだったし、ヴィジュアル面でショック受けた。でも、サウンドはこれまでと変わらずハードで、ひぃたんのヴォーカルも余裕さえ感じられる落ち着いた入りに感じた。フロアを俯瞰するように見渡してノリをチェックし、満足して笑顔さえ見せてたよ。3曲目はひぃたんはイントロからステージぎりぎりまで出てきてしゃがみ込み、最前のお客さんの顔をのぞき込んで歌うスタート。煽られるでもなくフロアからコーラスが始まり、掛け合いとなって行ったっけ。アウトロをバックに自己紹介をして、4曲目は新曲ですね。ひぃたんのシャウトも飛び出し、声も徐々にハスキーさが増して行ったな。激しい中にもジンらしいメロディアスなフレーズも印象的な、いい曲です。早く音源を聴いてみたい。

アウトロからDr.でブリッジして突入した5曲目でもひぃたんはステージ前に来て、お客さんの顔を眺めながら歌ってたな。普通のハコだと暗くてフロアの様子も見えづらいから、こういうチャンスを存分に満喫していたのかも。この曲では毎度ながらハルカの大陸的なコーラスが気持ち良かったし、間奏での彼のGt.にひぃたんもシャウトで絡むとか楽しかったね。6曲目はイントロから走るカッティングで攻め、途中でテンポダウンしてからは台詞とシャウトでミュージカルっぽい展開に。最後またスピードが増して行き、バンドもクレッシェンドでフィニッシュするとこはカッコ良過ぎ。メドレーで続いた7曲目は前の曲のテンションそのままに、Bメロの語るようなパートでも左手を空に差し伸べての熱唱。そのまま空に飛び立ってしまいそうなイメージ。間奏でのGt.ソロもハルカ自身がファルセットでのコーラスを重ねて浮遊感あったし、フィニッシュではひぃたんが体を反らし飛び立つ寸前の鳥のようなポーズをしてたのも決まってたわ。いや、この日もこの曲が最もインパクトあったね。8曲目も新曲ですが、既に春のツアーでも演奏していたらしいね。ハルカはそれまでの木目からブルーのテレキャスへスイッチ。途中からシンセっぽい音も入ってたけど、Gt.のエフェクターなのか打ち込みかは判別できなかった。ひぃたんは引き続き上機嫌で、間奏では手拍子煽りながらクルクル回ってたよ。
9曲目ではハルカは4カポの黒ストラトに変わり、そのリフと四つ打ちのイントロからもときとひぃたんが手拍子を煽ってスタート。ひぃたんもスタンドマイクになったけど、大サビではマイクスタンドを押し倒す勢いで歌ってたな。声の伸びも絶好調で、高い空に吸い込まれて行くさまが見えるような気さえしたよ。10曲目は先ず最初にコール&レスポンスの練習をしてから歌に入る念の入れ方。最初のテレキャスに戻ったハルカのハイスピードなカッティングが切れまくると、リズム隊も負けじとフィル満載で応酬。盛り上がるにつれ、それまで雲に隠れていたお日様も姿を見せて、いきなり強い日差しで参戦してきたよ。コール&レスポンスも練習の成果を見せ、気温が上がってそう快にフィニッシュ。11曲目は最近出来たばかりらしい新曲で、ひぃたんのブログによると最近レコーディング中との書き込みもあり、ニューアルバムも近いかな。またブルーのテレキャスに変わったハルカのリフも疾走感あったけど、サビはポップで楽しい曲になりそう。間奏ではひぃたんから「学祭って楽しいね」とのお言葉もあり、そのまま本編最後の「雷音」に突入。イントロからひぃたんはヘドバンかまし、フロアを煽りまくってたわ。大サビではひぃたんとハルカのシャウトでのハモリもシビレた。テンション上がったひぃたんは鳥の羽根の付いたネックレスをフロアに投げ入れて退場。

アンコールではまた男性陣のみが入場し、13曲目のイントロが流れるとようやくひぃたんも再登場。サビではフロアからオイオイコールも出て、この日最高の盛り上がり。ひぃたんも踊るわ跳ねるわの大騒ぎとなってたよ。また黒のストラトを担いだハルカのリフのみで始まり、Bs.そしてDr.が順次参加して行く展開。「優しく足裏を~」と歌う部分からひぃたんが足を上げ始め、最後は見事なY字バランスを完成させてたっけ。それだけでなく、校舎の上の方から手を振る人に手を振り返すとか余裕あったな。でも歌は散漫になるのではなく、余裕がいい方に向いてポジティブなムードでフィニッシュしてたわ。1時間20分ほどのステージでしたが、かなり良いパフォーマンスで満足したよ。CDJにも出るみたいなんで、また年内に会えるのが楽しみ。春までにはニューアルバム出て欲しいね。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.11.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。