スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

THE PINK☆PANDA@O-WEST

11/15は渋谷のO-WESTで行われたTHE PINK☆PANDAのファイナルライブ「Beginning of the END」に参加。ななたんのブログからパクったセットリストで失礼します。

1. PANDA'08
2. 愛をちょーだい!
3. Crazy Girl Crazy Days
4. Let's Go OH・YAH・JI
5. Stormy "M"
6. コイユメ
7. Calling
8. ナミラバ
9. YOU⇔ME
10. MONOPOLIZER
11. GO!GO!GIRL
12. カナリヤ
13. 僕たちの卒業
14. ワクワク7
15. Wake Up
16. Rolling Dice
<アンコール>
17. ひとつになろう
18. Punk & Alternative
19. Fly UP!
<ダブルアンコール>
20. DOG STAR
21. Be Smile
<トリプルアンコール>
22. PANDA'08

ピンパンのライブは昨年のワンマン以来で、5回目にして最後。そう、来年バンド名を変えメジャーデビューする彼女ら、ピンパンとしてのライブはこれが最後なんだよね。おまけに、これまでの曲も今後は封印してしまうってのもモッタイナイ話。そんな訳で開場して直ぐからフロアは緊張感あったね。私も入場して真っ直ぐに物販の列に並んだけど、これも長いライブ暦の中では始めてのこと。その後、ちょっぱサイドと思っていつもの下手に陣取った。でも、しばらくしてアンプが違うことに気付いたが、既に移動するのもつらかったのでそのまま待機。まあ、最後なんでこれまでリナ様サイドでは見たことなかったし、これも思い出になりそう。開演時間の17:00を15分ほど過ぎていつものように前触れなく客電が落ちBGMもぶち切られ、東洋スケールで激しいROCKなSEが流れ、先ずはちょっぱ先頭に楽器隊が登場。ちょっぱがいきなりお立ち台に上がって手拍子を煽るとか、これまでのライブには無かったな。ちょっぱはモスグリーンのツナギでショートカット。リナ様は黒のミニドレスに白いファーの襟が付いた同じく黒のジャケット、ブルーの髪で昔のようにピンクの星の刈り込みも復活。ななたんは黄色の豹柄っぽいタンクトップにジーンズのホットパンツ、髪はカーリーのロング(エクステも入ってたかな)で赤いリボンで結んでた。
いや、このななたんの衣装はちょっと「うる星やつら」のラムちゃんを思い出した。あの格好で「だっちゃ」とか言われたら悶絶しそう。ちょっぱのスラップソロから1曲目のイントロが始まると、ようやくまゆちぃも登場。シルバーのウィンドブレーカーにカットオフジーンズ、髪は明るめブラウンのボブだったかな。登場からハイテンションなまゆちぃ、いきなり最初のサビからマイクをフロアに差し出してコーラスを要求してたよ。フロアはそれに応え、コーラスだけじゃなく拳を突き上げてのモッシュも激しかった。2曲目はアカペラでスタートしたけど、ちょっぱがDr.台に上がってななたんとアイコンタクト取りながら慎重に入りを合わせてたな。まゆちぃは途中ちょっぱの肩を抱いて歌うとか引き続きテンション高かかったし、リナ様もこの日最初のお立ち台でのGt.ソロ出たっけ。3曲目はななたんの弾けるドラミングに目が行ってしまった。相変わらず楽しそうに笑顔でバカスカ叩く姿は、det7の美代ちゃんみたいでイイね。Dr.も真っピンクで、ファーの飾りまで付いてたりと可愛かった。ななたん、去年よりちょっと太ったみたいだけど、健康的で好きだわ。この曲はななたんコーラスでも大活躍。4曲目は打ち込みのシンセが加わり、ちょっとラップっぽいヴォーカルもあって初期のピンパンらしい曲。ちょっぱのスラップは昨年よりファンキーさが増してて、カッコ良かった。

メドレーで突入した5曲目はイントロからリナ様が中央のお立ち台でGt.ソロ。そこにちょっぱもディープなBs.ラインでネットリ絡んだり、ななたんもクラッシュ連発で攻めまくるドラミング。そのドライヴ感全開なバンドに後押しされて、まゆちぃのハスキーヴォイスも更にヒートアップ。ななたんとリナ様のコーラスも入ってバンドっぽさもアップしてた。6曲目からちょっぱは水玉からブルーのBs.にチェンジ。まゆちぃが歌い上げるバラードだったけど、ピコピコした打ち込みのシンセは合ってなかった気も。7曲目もバラードが続きリナ様の泣き入ったGt.ソロが染みた。まゆちぃも最初見た頃より断然声量がアップしてて、最後のロングトーンなんか鳥肌モノ。8曲目はピンパンとして最後に作った曲だそうで、私も聴くのは初めて。まゆちぃもGt.を担ぎ、リナ様のエアチューブ使ったGt.ソロから始まるハードなROCKナンバー。Bメロでワルツっぽい感じに転調するけど、サビではまた元に戻る難いアレンジながら一体感あったね。ラストのシャウト連発にエアチューブがバッキングするとこもカッコ良過ぎ。9曲目はまゆちぃの「かかってこいやー!」というシャウトからスタート。ちょっぱもイントロからステージ前まで出て来てフロアを煽ってたな。間奏ではBs.ソロがあり、アウトロでは結構長いDr.ソロで大歓声。そのまま10曲目になだれ込んだけど、まゆちぃの「チョッ!チョッ!」というラッパー風な煽りもあったり。リナ様と一本のマイクで掛け合いするとこは絵になるね。
今度はBs.ソロでブリッジして、11曲目へ。イントロの終わりではまゆちぃとちょっぱのGt.回しも見事に決まって歌に入ると、また上機嫌でコーラスをフロアに要求してたな。間奏でのライトハンドでのGt.ソロも決まって笑顔が出かかったけど、そこはリナ様。ぐっとこらえてクールな表情をキープ。ちょっと長めのMCがあり、12曲目は私がピンパンにハマった思い出の曲。切ないバラードでまゆちぃのハスキーなヴォーカルもイイけど、ちょっぱのBs.ラインに惚れ込んだんだよね。この日もちょっぱのBs.はうねりまくっててシビレたよ。スローに転調したとこでGt.ソロをミスったリナ様、ちょっと苦笑い。13曲目はまゆちぃがまたGt.を担いだけど、サビからはGt.を放棄しマイクスタンドをつかんでの熱唱。間奏でのリナ様の激しいヘドバンしながらのGt.ソロは流石の一言。14曲目はお馴染みちょっぱの生声での口上からスタートしたけど、まゆちぃに「カミカミ王子」と紹介されたからか、一言目で噛んで大爆笑。口上の中でも「これまでこのMCで噛まなかったのは一回だけ」と振り返ってたな。メジャーに行ってもこのスタイルは続けて欲しいね。そのちょっぱのスラップも炸裂して、曲に入るとフロアも炎上しダイバーも出る盛り上がり。まゆちぃもそれを見て、楽しそうに跳ねまくってたわ。

15曲目はイントロからフロント3人が一斉に前に出て来て、フロアにまた油をそそいでたね。サビではまゆちぃが中央、ちょっぱが下手のお立ち台で揃い踏みしたかと思うと、その後リナ様がDr.台の上からジャンプも見せたりと大はしゃぎ。16曲目はPUNKなDr.ソロをバックにまゆちぃからタオル回しのレクチャーがあり、曲がスタート。サビでは全員のコーラスに加え、フロアからも大合唱。それに応えてか、まゆちぃは下手から上手まで移動しながら名残りおしそうにフロアの様子を見てたね。ラストのロングトーンで投げ上げたタオル、フロアでも一斉に投げ上げられ、まるでフロアが沸騰してるみたいに見えたっけ。アンコールでは先ずななたんが一人で入場し、Dr.ソロがスタート。他の三人も続いたけど、まゆちぃは「THE PINK☆PANDA」と書かれたフラッグを振りながらの登場。皆さん黒のツアーTeeに着替えてたみたいだけど、リナ様だけ袖を切ってタンクトップ風にしてたのはスタイルなんでしょうね。フラッグがちょっぱに引き継がれMCが少しあって、17曲目に突入。フロアのうねりは最高潮、大サビでの合唱も凄くてまゆちぃも感激したようで「ありがとう」とちょっと涙声。18曲目は水玉Bs.に戻ったちょっぱのスラップからスタートし、まゆちぃの「O-WEST!」というシャウトも弾けてたね。そこから『Pxx & Axx』と同じ流れで19曲目へ。まゆちぃもGt.を担いで、リナ様のGt.にキッチリとバッキングしてたのは立派。リナ様もヘドバン全開でハードなソロ弾きまくってたな。もちろんお約束の大合唱との掛け合いもあり、最後のシャウトもこの日一番の迫力。
ダブルアンコールではまゆちぃ先頭に揃って再々登場。20曲目はまゆちぃから「バンドのことを歌った曲で、思い出の1stシングルです」みたいなMCがあり、まゆちぃもGt.を弾いててリナ様とのハーモニーも美しかった。ミラーボールも回ってメランコリックさを演出してたな。曲が終わるとライトが全て落とされ、まゆちぃにピンスポットが当たりお別れの挨拶。ちょっと声を震わせてたけど、フロアからの暖かい拍手もあって何とか挨拶を終了。そして、21曲目はリナ様の静かなアルペジオが始まると、フロアから「涙を拭いて~」とコーラスが続き、それに勇気付けられたまゆちぃも歌い始めて素晴らしいロングトーンで先サビを仕上げてたわ。間奏ではそれまで遠かったちょっぱがこの日初めて上手に来てくれて、近くで見れたのも嬉しかった。最後は大合唱となったけど、まゆちぃはフロアの歌声を体で受け止めるように両手を広げてたのも印象的だった。リナ様もちょっとウルウル来てて、マスカラが落ちないかちょっと心配したよ。魂こもったまゆちぃのシャウトでフィニッシュしたけど、フロアは更にアンコールを要求。客電が付いたのもお構い無しに手拍子とパンダコールが続き、とうとうトリプルアンコールに突入。曲を用意していなかったので1曲目のリピートでしたが、またフロア一体で楽しく踊って大団円。

最後はメンバーが全員手をつなぎ、まゆちぃから生声で「ありがとうございましたー!」というシャウトでの一礼があり、まゆちぃはタオル、ちょっぱはピックなどをフロアに投げ入れながらステージを去って行ったっけ。2時間をちょっと越えるステージだったかな。こんないい曲たちを封印するのはもったいなさ過ぎるけど、来年の春ごろにまた会える時はもっと素晴らしい曲で再開できることを願ってます。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.11.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

@音三昧さん、コメントありがとうございます

ピンパン好きですか?もう無くなってしまうバンドだけど、沢山のものをファンに残してくれて感謝しています。
音楽って時が経ってから聴いても、その時の情景や匂いまで思い出されるのがスゴイです。そんな素晴らしい音楽のカケラを伝えていきたいですね。

2008-11-27 木 23:34:26 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪

2008-11-27 木 21:24:17 | URL | @音三昧 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。