スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Rie fu@LIQUIDROOM

11/19ですが、LIQUIDROOM ebisuで行われたRie fuの「Romantic Relase Party」というワンマンライブに参加してきました。いつものセットリストから。

1. I Wanna Go To A Place...
2. 笑って、恵みのもとへ
3. 5000マイル
4. Tiny Tiny Melody
5. Long Long Way
6. tobira
7. Home
8. Money Will Love You
9. Don't Know Why
10. decay
11. Feel The Same
12. Life is Like a Boat
13. ツキアカリ
14. あなたがここにいる理由
15. Romantic
<アンコール>
16.Present

りえふのステージは10月の野外フェス以来で6回目、今年に入って3回目と増えてるね。MANDALAでの3ヶ月連続弾き語りライブには参加できなかったけど、このリリパには参加できて何より。会場のLIQUIDROOMには珍しく椅子席が用意されていて、8列目あたりの中央をゲット。関係者も多かったけど、最終的には立ち見も出る盛況ぶりで安心したね。この日は3台ほどのTVカメラも入っていたので、CSでの放送とかもありそう。ステージにはシャンデリアやら、布シェードのランプ、コーヒーテーブルには絨毯も掛けられてアットホームな雰囲気。ステージ上手には60号ほどの絵もイーゼルにセットされてて、後のMCによると絵を含め幾つかはりえふのアトリエから持ってきたものだとか。絵の前にはnordのエレピ、ステージ中央の台の上にはグランドピアノ、下手にはストリングス隊用と思われる4つの譜面台がセットされてたので弾き語りオンリーでないと判明。19:00の開演時間を15分ほど過ぎて客電が付いたまま、ちょっとダークなSEが流れると布シェードのランプにも明かりが灯り、りえふが登場。この日の衣装はサーモンピンクっぽいシフォンを重ねた膝丈のワンピで、黒のタイツには赤やらピンクのリップマークがプリントされてたっけ。足元は黒のショートブーツ、髪は明るめなブラウンのロング。
どこへ行くかと思ったらいきなり絵の前に行き、絵筆を取って完成間近と思われるその絵に加筆。ちょっと後ろに下がって全体のバランスを確かめたりしながら、5分ほどライブペインティングしてた。りえふが絵を描くとこを見るのは一昨年のワンマンぶり。あの時はライブの途中でちょっと流れが途切れちゃったけど、最初ならいいんじゃない。絵の出来に満足したのか、うなずいて一旦退場。客電が消えSEも切り替わって再登場し、今度はエレピの前に座って、ちょっとキーを確認し1曲目をアカペラからスタート。いや、りえふのSweetestな声のみから入るなんて素敵過ぎ。前回のフェスは野外で、騒がしかったり明るかったりとりえふの声を堪能するには最適な環境ではなかったんで、端から少し取り返せたかも。ただPAのバランスなのか、ちょっと声が荒く聴こえてしまったのが残念。Bメロからエレピが入ったけど右手はPf.の音で、左手はムーグっぽいシンセのBs.ラインを弾いてたかな。

2曲目はリヴァーブの効いたRhodes風なエレピに切り替わり、Aメロを歌っている途中で緊張も解けてきたのか笑顔も出てきたね。PAも調整されてきた感じで、声もSweetさが一段とアップ。短い挨拶をはさみ、リズミカルなPf.のイントロから3曲目へ。そのリズムに乗って声もアタックが強くなったり、サビでは切な気なファルセットを聴かせてくれたりと、いよいよりえふも乗ってきた感じ。ただ、ノリが良くなり過ぎたのか2コーラス目ではちょっと歌詞が怪しくなり、苦笑いでごまかす場面も。短いMCがあり、アコギを担いでステージ中央に移動。4曲目はリリカルなアルペジオから歌い始め、サビからはユルくストローク。大サビでは足でサンプラーを操作して声を重ねて行くという技も見せてくれたね。ラストのファルセットのスキャットにはこの日最初の鳥肌発生。5曲目はCDに近い感じの隙間のあるアルペジオから始まったけど、Bメロあたりから少し激しいストロークになる展開。サビからはサンプラーで逆回転させたような音もインサートしてたっけ。間奏ではアルペジオをリアルタイムでサンプリングしそれにGt.ソロを乗せ、更にファルセットのスキャットも重ねたり。
6曲目はCDと違って先サビが無かったかも。イントロのアルペジオをサンプリングし、それをループさせGt.を弾かない歌い出し。大サビでは一旦ループを止めてGt.を激し目にストロークしたけど、最後のリフレインではまたGt.を弾かず、サンプラーに任せてフィニッシュ。アコギを下ろしスツールに座り、弾き語りはやっぱり寂しいと最初のゲスト上田禎さんを紹介。上田さんは相変わらずスリムな三つボタンのスーツに、中折れ帽で登場しアコピへ。上田さんも参加しているニューアルバムがもう直ぐ完成という嬉しいニュースも発表してくれた。MCの途中から上田さんがアコピで静かなパッセージを引き始め、上田さんが作曲した7曲目になだれ込んだっけ。ちょっとラグタイム風なPf.と手拍子に乗り、りえふも楽しそうに歌ってたのが印象的。アウトロのファルセット入れたスキャットにはホントとろけそうになったわ。8曲目はりえふもまたアコギを抱え、ニューシングルのカップリング。「私もお金に愛されたい」と言って笑いを取ってたな。アコギのアルペジオでの弾き語りから入り、Aメロの途中あたりからミニマムなPf.が参加。初めて聴いたけど英語と日本語、地声とファルセットを行き来するりえふならではのヴォーカルも光ってた。

9曲目は上田さんがアコピを離れ、下手のスツールに腰掛けてフルアコを抱えてノラ・ジョーンズのカバーを。りえふのアコギ中心、上田さんは指弾きのフルアコでインプロっぽく絡む程度。間奏でのブルージーな上田さんのソロは流石だったね。ここで拍手に送られ上田さんが退場すると、りえふはアコピに移動。前回のレポでアコギのイメージが強かったと言ったけど、もうPf.での「decay」も違和感無くなったかな。小さいタメを何度か入れながら歌い始めるとか、りえふもすっかり慣れてた感じ。マイクのリヴァーブも多くなり、Sweetさ増した声にまたシビレたよ。11曲目はかなり余裕があったみたいでフェイクも多くなり、フロアに視線を送る回数も増えてたかも。最後のスキャットも声が伸びてたな。で、もう一組のゲスト、1stVn.佐藤帆乃佳、2ndVn.小池真理、Vl.内原美代子(かな?)、Vc.原口梓のカルテットが登場。12曲目はPf.弾き語りからだったけど、今年に入ってからのライブと同じようにかなりエモーショナルなPf.とヴォーカル。大サビからストリングスも加わったけど、りえふの勢いが良過ぎて追い着くのに苦労してたみたい。13曲目は最初からクインテットでの演奏で、ここでは美しいハーモニー。大サビは強いタッチの東洋スケール入ったPf.で始まり、ヴォーカルもパワフルだったね。ストリングスが加わると更に声にも力が入ったけど、ちょっとラフになり過ぎてた感じが惜しかった。
14曲目はイントロからAメロまではPf.のみ、CDと同じようにBメロからVc.が参加し、その後Vn.とVl.が入る展開。このマイナーなメロディーでも声が強くて、少しイメージが違ったかも。で、本編最後はこの日のメインディッシュである「Romantic」で締め。スピード感あるPf.で始まり、ヴォーカルもノリ重視でフィットしてた。スタッカートのVn.とVl.が続き、BメロからVc.も加わりモータウン風なストリングス。2コーラス目はAメロからピチカートのカルテットがバッキングし、りえふのヴォーカルもグルーヴしまくり。最後はスローに落としてフィニッシュするとこも憎いね。この曲をプロデュースしたm-floのTakuも帆乃佳さんのアレンジを褒めてたみたいだけど、アルバムにはこのヴァージョンを収めて欲しいかな。アンコールではりえふを先頭にカルテットも続いて再登場。この16曲目のシングルリリースが延期になった残念なニュースもあったけど、このライブでの演奏がPVに使用される可能性があるという発表にフロアからは大きな拍手。演奏に入ると撮影用に笑顔いっぱいで歌ってて、そのせいか肩の力が抜けたヴォーカルとなって後半では一番好きだったよ。まあ、最後はドラマティックに歌い上げていたけど、いいフィニッシュでした。1時間40分とヴォリューム的には物足りなかったけど、新しいりえふの試みが見れて満足。次はまたバンドでお願いしますよ。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.12.02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

あ~るさん、お久しぶりにご一緒してましたね

りえふも表現者として色々なステージを経験することで、自らの可能性を探っている過程かもしれませんね。そう簡単にベストなセレクションをすることは出来ないかもしれないけど、一歩一歩着実に理想に近づいている気もします。
今後も一緒にりえふを盛り上げていきましょう!

2008-12-06 土 00:21:01 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

順番が逆ですが・・・

dorlisと順番が逆ですが、Rie fuもご一緒させてもらいました。
開演直前に行ったらまさかの椅子席でしたが、左奥の一段高い席が取れてゆっくり見れました。
9月の南青山MANDALAの時より、観客のノリも良くて、生き生きとしたRie fuが見れてこちらも楽しかったです。
個人的にはバンドのイメージが強いけど、弾き語りの回数を重ねることで新しいRie fuに生まれ変わっていくのでしょうか。
今はその途中と思えば、これからが益々楽しみですね。
ではまた。

2008-12-05 金 02:46:23 | URL | あ~る #JyN/eAqk [ 編集 ]

玲王さま、この10日間は私にとっても

プラチナウィークだったかな。マジでいいライブの連続に浸ってしまいました。
ピンパンは来年の春が待ち遠しいですね。またメジャーでのライブに行けたらレポします。
KOKIAも12/23に博多に行くようですね。Rie fuが無理なら、そっちに行けると良いんですけど。
Rie fuも最近のブログを読むとつっこさんのように裏方に回る覚悟をしていたようですが、弾き語りライブを経験することでまた再起したとか。私もりえふの歌声に惚れ込んでいるので、出来る限り応援していくつもりです。

2008-12-03 水 01:16:43 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

大好きな人たちのレポ
三連投ありがとうございます!!!
こちらにまとめて書かせてもらいます。
長くてスイマセンノ(´д`*)

ピンパン→
ピンパン時代の曲を封印はホントに残念ですね。。。
まだCDでもライブでも聴いた事の無い
曲が多数あっただけに残念です。。。
メジャーで今まで以上の曲を
歌ってくれると良いですね!!
Tシャツホントにありがとうございました!!
何度お礼を言っても足りない位嬉しいです!

KOKIA→
最近ちょいとライブ・CD共に
ご無沙汰なので解らない曲が
増えてしまいましたが「天使」は
聴きたかったです!!
あの曲はCDで聴いてるだけでも
ゾクゾクするんですが生で聴くと興奮して
悶えてしまう位です(笑

マイクスタンドに足を絡める癖は
全然気づきませんでした!!
次生で観る時確認します!!

りえふ→
りえふもかなりご無沙汰です。。。
2年近く生で観れてないかな。。。
かなり成長してる事でしょうねー!!

あ、熊本ライブの情報ありがとうございます!!
実家が熊本なので休みだったら帰省して
堪能してきますよー!!
仕事の可能性大なのですがー(笑


3組のライブに連続で行ける
mikeさん凄い羨ましいです。。。ノ(´д`*)

2008-12-02 火 23:33:55 | URL | レオ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。