スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

detroit7@SHELTER

さて11/26は下北沢のSHELTERで行われたdetroit7の「detroit BABYLON」というワンマンライブに参加。とりあえずオフィシャルブログからパクったセットリストから。

1. Baby in Galaxy
2. BUZZ OFF
3. 魔法使いサリー
4. microphone drives
5. IN THE SUNSHINE
6. Adam
7. (新曲)
8. LOUIE LOUIE
9. FATMAN BLUES
10. (新曲)
11. Ordinary Madness
12. いびつな花
13. 太陽を溶かした海
14. LOVE & CONFUSED
15. Kiss me baby(?)
16. (新曲)
17. (新曲)
18. 落涙
19. KISS THE MOON
20. GRACIAS
21. おわりははじまり
<アンコール>
22. Golden Globe
23. This Love Sucks
24. Raise High!

det7のライブは5月のレコ発ファイナル以来で、12回目かな。今回はリリース時期でもないワンマンでしたが、フロアはそこそこ埋まってたね。開演前に流れていたBGMには広東語のROCKナンバーとかもあったけど、これは誰のセレクションだったのかな。開演時間の19:30を10分ほど過ぎて、お馴染みのお下劣なSEが流れるとフロアは早くもヒートアップ。私は菜花側の2列目ほどにいたけど、ちょっと脇に押し出されてしまった。コタジ、美代ちゃん、菜花の順に登場。菜花の衣装は黒いレースを重ね栗色の縁取りされた胸元と背中の露出度が高い膝丈のドレスだったけど、黒のチューブトップで少しカバー。髪は明るめブラウンのミディアムで、足元はいつもの裸足。ペディキュアはリップとお揃いの桜色。美代ちゃんは紫色のゆったりしたブラウスに、グレーのウール七分丈パンツと黒のタイツだったかな。髪はいつものラフなキンパ入ったメッシュ。SEが止むとハウリングが聴こえてきて、そこから激しいJAMがスタート。しばらくして演奏が途切れると菜花から「Hello SHELTER! We're detroit7!!」とお馴染みのシャウトが入って1曲目に突入。最初っから飛ばすリズム隊に負けじと、菜花もCrazyなGt.ソロを爪先立ちで弾いてたっけ。
Dr.ソロとハウリングでブリッジして2曲目へ。菜花のヴォーカルにファズのようなエフェクトがかかって、CDに近いイメージ。テンポダウン、アップを繰り返して行くに連れ菜花のヴォーカルもノリが良くなり、「Fuc×!」とかシャウト連発。「detroit BABYLONへようこそ」と短い挨拶があり、呪術的なバスタムのリズムから3曲目がスタート。バスタムのみから爆発するようなGt.の轟音が入り、Aメロはバスタムとハウリングのみでダルに歌うとこもdet7ならでは。ビートもフラット目ではなく、ダイナミックなリズムで踊れるdet7サウンドの復活ですよ。いやー、嬉しくって踊りまくっちゃいましたね。そのノリのまま4曲目の激しいJAM気味に4曲目のイントロになだれ込んだけど、この曲も前回より更に進化していて踊れる踊れる。ステージでもコタジが踊り過ぎてマイクスタンドを倒す騒ぎも。フロアも当然大騒ぎで、私の前の女子も頭振りまくってたっけ。メドレーで続いた5曲目は菜花のリフのみから。最初クールに入ったヴォーカルも徐々にヒートアップしシャウト全開に。間奏のGt.ソロではコタジが柵に上がってフロアを煽ったり、アウトロでの美代ちゃんの激しいビートをキープしている表情も印象的。

ちょっとチューニングの間があり、先に終わったコタジから「今日は懐かしい曲や新しい曲を織り交ぜてお送りします。では懐かしい曲を」という紹介で6曲目へ。私もライブで聴くのは多分2年ぶりぐらいかな。いや、ちょと思い出せないくらい前ですわ。前よりちょっとスピードが上がってて、踊れるのは変わらない感じ。コタジのBs.ソロも懐かしかった。で、7曲目は新曲ですね。菜花の激しいリフのみから始まり、ハイスピードなフラット目ビートが続く最新型det7スタイル。間奏で菜花がヘドバンしながら弾くGt.ソロもカッコ良かった。8曲目はカバーで、原曲は1950年代のR&Rらしいけど、Stoogesのカバーを下敷きにしたのかな。何つったって菜花の愛猫の名前がIggyだもんね。ラフなストロークでフラット目に歌い出したけど、サビは結構メロディアスで激しかったわ。9曲目はコタジのBs.ソロからスタート。先サビはDr.とGt.も入ったけど、AメロではまたBs.のみで歌ってたっけ。前回もBs.がリードしていたけど、今回も同じイメージ。間奏のBs.ソロでは菜花のリフもバッキング的だったね。10曲目はまた新曲で、これもBs.ソロから。マイナーなビートだけど、フラットではなく踊れる強烈なリズム。菜花のGt.ソロも派手だったね。11曲目はこれまた懐かし目。この曲はどうしても最初見た時の田部井さんのDr.が目に浮かぶ。今の美代ちゃんも好きだけど、この曲だけはモタり気味だったけど重心の低い彼のDr.が思い出されるな。間奏での菜花のGt.ソロはトレモロアームを駆使して、スゲー迫力あった。
またチューニングの間があり、先に済ませたコタジのBs.ソロからアンセムの12曲目がスタート。パワフルなDr.が続き、そしてDr.の美代ちゃんとアイコンタクト取りながらユルいリフが加わる展開。ヴォーカルはフラットだったけどフェイクは派手に入れてたので、イイ感じ。この曲のドラミングは断然美代ちゃんの勝ちで、後半のスネアのオカズの入れ方なんかドライブ感サイコーだわ。13曲目は多分ライブでは初めて聴いた。ユルいアルペジオからBs.のダルなビートが入り、Dr.が続くCDに近いイントロ。ヴォーカルは最初ポエトリーリーディングっぽく語ってたけど、これも面白かったね。サビでは少しシャウトも入ってたけど、ヴォーカルよりはGt.に歌わせていたかな。チューニングとコタジ美代ちゃんコンビでのMCがあり、14曲目はいきなり菜花が中央の柵に足をかけて派手なストロークから始まったね。四つ打ちバスドラのみが続き、ここでは腰を振りながら狂ったようにGt.をかき鳴らしてたっけ。いや、カッコいいわ、菜花。その後Bs.も入ったけど、この曲では菜花と美代ちゃんの女性陣がリードしてたな。15曲目からは新曲が続き、最初は日本語詞と英詞が混じってたかな。ヴォーカルはちょいフラットだったけど、ビートはかなり派手目。コタジと美代ちゃんのコーラスも入って、激しい感じでしたっけ。

16曲目はアフロなDr.から始まるdet7には珍しいビート。Gt.のリフも少しブギー入ってたね。ほぼ日本語のみの詞で、結構シャウトもあったり。2列目だったけど、菜花の唾液を浴びたちゃった。17曲目はダイナミックなビートが早くなったり遅くなったりするイントロが面白かった。英詞のみだったと思うけど、高速ビートとハウリングのみで歌ってたAメロはカッコ良かった。コタジのシャウトとの掛け合いもあったかな。18曲目もレア目な曲で、ユルいビートから始まり、菜花のシャウトから始まるサビから一気にテンポが上がる展開。美代ちゃんのDr.も炸裂したけど、菜花が目をむき出してシャウトしてたのは凄いインパクトあったな。19曲目はCDより更にテンポが速くなってて、これまた踊れたね。間奏のBs.ソロには美代ちゃんが攻撃的に絡んだり、Gt.ソロに移ると三者入り乱れての応酬となってシビレまくり。フロアも中央あたりは結構モッシュ状態に。20曲目はBs.ソロから始まったけど、ハウリングも入ってたのがこれまでに無い展開だったかな。特徴的なスキャットではコタジはコーラスしてたけど、美代ちゃんはDr.で一杯々々な感じ。昔は余裕な笑顔で叩いていることも多かったけど、最近はこれでもかっ!って勢いで叩いているのに心を打たれちゃう。間奏では菜花が中央の柵に上ってGt.ソロ弾いてたけど、前回は次の曲だったけど私の目の前でそれをやってくれたのを思い出した。
ハウリングでブリッジして入った21曲目は前回と同じ本編の締め。このところこれで締めることが多いな。相変わらずハイスピードなビートに乗ったクールなヴォーカルで入ったけど、サビからはシャウト連発でCrazyに豹変。間奏でも突っ走ってて、Gt.をフロアに差し出しソロを弾くテンションの高さ。大サビ前ではブレイク入れて気を持たせ、そっからDr.のみで歌うとこも憎いよ。アウトロは背面弾きも入れて激しくフィニッシュ。美代ちゃんから「サンキュー!」の一言あって、皆さん退場。アンコールでは先ずコタジのみが一人で入って来て、ちょっとグッズ紹介のMC。美代ちゃんと菜花も再登場し、チューニング中に軽くDr.ソロ。菜花はチューニングを終えたけどBs.アンプにトラブルが発生し、Dr.ソロにGt.のリフも加わって時間稼ぎ。何とかトラブルも解決したのか、コタジから次のライブ予定などの告知があってようやく21曲目がスタート。これまた久々の曲だね。スローなビートで語るようなヴォーカルから、サビではビートはそのままヴォーカルのみ激しくなり、間奏ではテンポも上がりかき鳴らすようなGt.ソロ。そのソロでは菜花は目を閉じて顔をしかめながら弾いていたのが目に焼きついてるね。いや、ちょっとエロティック。アウトロでは激しいストロークに加え、トレモロアームを折れんばかりに押していたのも迫力あったわ。

最後はGt.アンプの方を向いて最大級のハウリングを起こし、そのまま23曲目になだれ込んだっけ。ハウリングにスネアが重なると、菜花が珍しくグリッサンド入れたり。コタジはまだトラブルが終息していなかったようで、シールドの交換をしてから本格的に曲がスタート。イントロから踊りまくる菜花、歌に入るとコタジが待たせた詫びとしてかオクターブ上げたフィルで絡んでたな。間奏でのBs.ソロでは菜花がGt.を背中に回して跳ねまくってフロアを煽り、続いてのGt.ソロも爆発してたわ。その勢いのままオーラスは菜花とコタジ二人によるシャウトでのデュエットから。その先サビのシャウト後に菜花は柵に上がろうとしたけど、足が滑ったのか断念。リズム隊も最後の力を絞って強烈なビートで後押ししてたのに残念。まあ、演奏に集中できて良かったかな。アウトロ中に菜花から一旦「どうもありがとー!」という締めの叫びも上がったけど、演奏がヒートアップして更にJAMは続き、もう一度「ありがとー!!」というシャウトでフィナーレ。菜花とコタジは魂抜けた感じで下がって行ったけど、美代ちゃんは愛嬌振りまきながら消えてったのが流石です。1時間半をちょい超えるステージはdet7では最長だったかな。BLEACHとの対バンは行けそうもないけど、来春の沖縄録音のアルバムとそのツアーが楽しみだね。
Third Star From The Earth

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.12.08 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

よしきさん、その対バンの面子はうらやまし過ぎます!

三者とも方向性はちょっと違ってますが、コアなROCKスピリット持ってますよね。皆さんスリーピースだし、いい組み合わせ。いや、どんなステージになるのか妄想しちゃいそうだな。レポ、期待してます!

2008-12-13 土 00:15:25 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

やっぱし

ワンマンは、いいですね~♪いろんな曲が聴けるし、抜きどころなく楽しめるし(^O^)
今度、19日に見に行きますよ~♪Bleachとの対バン。レイチェルさんも一緒やし行かなきゃ損なんです。
楽しみやわぁ~♪

2008-12-12 金 06:18:24 | URL | よしき #- [ 編集 ]

すえぞ。さん、お返事が遅くなってしまい

どうもすみませんでした。今日もSHELTERでお会いしたのに、電車の時間が気になって先に出てしまい失礼しました。
この日のdet7と今日のBUGY共に懐かしめの曲があって、ちょっとレアなステージだったかな。det7はちょっと昔に戻った感じもあったので、来年のレコ発でも昔の曲をやってくれるんじゃないかと期待してますよ。またその時はご一緒しましょう!

2008-12-09 火 23:57:30 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

ご、ご、ご、ご、ご…

Golden Globeですかぁ~!?
嗚呼…羨まし過ぎます(TωT)

26日でなければ、Bleachとの
対バンツアー行きたいんですよね…

2008-12-08 月 01:08:45 | URL | すえぞ。 #QKSAZD.k [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。