スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ROCO@440

12/8は下北沢の440で行われたROCOの「Winter Heaven」と題されたワンマンに参加。先ずはセットリストから。

0. スモールタウンショップ
1. スウィングハート
2. マーブルソング
3. パッチワークレディ
4. カラフルファンファーレ
5. ○×アーメン
6. デジカメ
7. My Dear
8. DOGEYE
9. セピアメモリー
10. イナズマラブ
11. センチメンタルサンデー夕暮れ
12. カメレオンパレード
13. コミカルライフ
14. メロディアーチ
15. happyend
<アンコール>
16. キャンドルコール
17. 揚げまんじゅうメモリー
18. ハミングクローバー

ROCOのライブは何と昨年のUNITワンマン以来で、13回目かな。今年初めての参戦とは、ご無沙汰過ぎだわ。まあ、ROCOも今年はライブ自体少なかったし、平日ばっかだったもんね。今回も参加できるかビミョーだったので、当日券で入場。入った時には既にほぼ満席、でも上のフロアに空席を見つけられてラッキーだったよ。昨年はUNITを中心にライブをしてたけど、今年の440は以前の主戦場Grapefruit MoonやCafe Gabowlの雰囲気に近くて、その頃を思い出したり。やっぱROCOにはCafeが似合うかも。開演時間の19:00を15分近く過ぎて昔懐かしいSEに乗りサポート、ROCOと続いて入場。サポート陣はお馴染みのKb.櫻井大介とBs.ChubbyにDr.若森さちこ、そしてプロデューサーでもあるGt.CARIBAの4名。CARIBAさんは初めてお姿を拝見したな。ROCOの衣装は赤のインナーに白いザックリした民族調のトップ、ジーンズのショートパンツにグレーのタイツと黒いブーツ。髪は明るめブラウンのカーリーで、星の形の大きなピアスがROCOらしかった。1曲目からROCOお得意の跳ねるような踊りも出て、手拍子を煽るほどの上機嫌。さっちゃんもいつものように笛やら小物を鳴らし玩具ジャズらしさを演出してて、最初っからROCOワールドに持ってかれちゃったわ。
2曲目はスツールに腰掛けて歌い始めたけど、Swingyなバンドに押されるように間奏から立ってしまったROCO。腰を振りながら楽しそうに踊ってたね。そうなるとROCOの歌にもフェイクが多くなり、間奏のスキャットでも派手に入れてたっけ。体全体でハッピーさを表現するROCOの歌は楽しいの一言。軽い挨拶とメンバー紹介が入り、3曲目は新曲。「かわいいお婆ちゃんになるために生きている」と断言するROCOが、公園で見かけた素敵な老夫婦をテーマに作ったとか。ユルいビートにぬくもりのあるメロディが乗るROCOらしい曲だわ。サビのファルセットのロングトーンも伸びて来て、声も絶好調って感じ。4曲目はChubbyがU.Bs.へ、さっちゃんがブラシにスイッチし4ビートでの演奏。CDより落ち着いた感じで、テンポも少し遅めだったかな。ROCOも目を閉じて気持ち入ってたし、櫻井さんのPf.ソロもちょっとエモーショナルだったっけ。5曲目はいつものようにアカペラからスタートし、ミニマムなPf.のバッキングが入る先サビ。そして言葉を詰め込んだAメロに入るとバンドも参加し、ROCOもスツールを立ってアクションも派手に。このアクションも片手一本で物語を語るような勢いだったね。

6曲目も新曲で、8月の「Summer Heaven」で初披露したとか。「デジカメに残っていた昔の恋人の写真を発見して、その頃のことを思い出した」というシチュエーションを説明するROCOのバックで、CARIBAさんがGt.リフを弾き始めそのままイントロになだれ込む展開。四つ打ちのバスドラはこれまでROCOの曲には無かったと思うけど、このドラマティックなバラードには効果的だったな。ROCOも切なげな泣き入ったヴォーカルで盛り上げてたわ。7曲目も初めて聴いたかな。ちょっとマージービート風なリズムで、櫻井さんのPf.とOrg.の二段弾きが冴えるグルーヴィーな曲。間奏での高速Pf.ソロもスピード感あったよ。バンドの勢いに乗ってROCOも弾けて歌ってたね。ここでサポート陣が下がり、8曲目は恒例バンジョー型ウクレレでの弾き語り。語るような歌い出しが終わるとROCOから手拍子の催促があり、ウクレレもストロークに。2コーラス目の入りでちょっと歌詞が飛んだけど、何とか思い出して苦笑い。昔は良くあったこの光景も最近ではレアになったね。10曲目は櫻井さんを呼び入れ、しばらくグダグダなMC。曲が始まると目を閉じて集中し直すROCO。入りのウィスパーには優しいタッチで、サビからは左手も活躍してリリカルに盛り上げる櫻井さん。ROCOとは付き合いが長いだけに気心の知れたバッキングだわ。ROCOもその櫻井ワールドに入り込んで行き、いつになく繊細に歌ってたみたい。
10曲目は懐かしい選曲でビックリ。既に廃盤になっている『デリシャスライフ』の曲で、今では配信でしか入手できないみたい。一目惚れし易いROCOとカミングアウトしたROCOが、高校時代の一目惚れをテーマに作ったというエピソードも初めて聴いたわ。Jazzyな8ビートで、ROCOの底抜けに明るいヴォーカルが素敵。櫻井さんのラグタイム入ったPf.ソロもピッタリだね。11曲目は昨年夏のUNITでも聴いた新曲で、昨年とはちょっと違ってROCKな感じになってたかも。ローズ風なエレピのみで始まり、サビになるとさっちゃんのDr.が走り始めたっけ。E.Bs.に戻ってたchubbyも最初は置いてかれそうな勢い。さっちゃんはサビでコーラスもしてたので、その影響もあるかな。12曲目も新曲だね。アフロなDr.ソロから始まったけど、曲が始まるとサンバ風なリズムになったっけ。ROCOもイントロからステップを踏みながら踊ってたね。間奏のサルサっぽいリフのPf.ソロには櫻井さんもちょっと手を焼いてた感じで、ラテンは苦手なのかも。ROCOの明るいヴォーカルにラテンな曲はフィットしてたし、「Life is a show time」っていうポジティヴな歌詞も彼女ならでは。13曲目は『Session Time!』のスローなアレンジではなくオリジナルに近く。chubbyのウォーキングベースとさっちゃんのブラシでのDr.がモダンジャズ風。櫻井さんも慣れているJazzに戻って、多彩なフレーズを入れてたな。ROCOはテンポが速くなっても『Session~』と変わらない、気持ち入ったヴォーカルだったね。

14曲目はDr.ソロから始まり、Pf.そしてGt.が順次絡んで行くアシッドジャズ風な雰囲気。U.Bs.に変わったchubbyがリズムを刻み始めると、ようやく歌へ。『Session~』よりはテンポを落としてた感じで、間奏のPf.ソロもBE BOPっぽかったっけ。ラストはロングトーンで締めてたけど、Pf.に合わせてBOPなスキャットとか聴いてみたかったよ。で、本編最後は初期からのアンセムで締め。ROCOも最後とばかり派手なフェイク入れて弾けてたな。最初の間奏でのPf.とGt.のユニゾンも決まってたけど、さっちゃんがPerc.ならPf.とシロフォンのユニゾンだったのに。2回目の間奏では各パートのソロも出て、盛り上がってフィニッシュ。アンコールでは先ずROCO一人で入場し、MCをスタート。今回もちょっとウルウル来てたね。メンバーを呼び込み、アンコール1曲目はこの時期ならではのセレクト。先サビをPf.とウィンドチャイムのみでしっとりと歌い出し、バンドが入ると少しテンポアップ。ROCOのリードで手拍子も始まり、間奏でのPf.ソロはちょっとホンキートンク入ってたりと楽しかった。最後の「Happy Christmas」のフレーズは今年最初にもらったクリスマスプレゼントになったよ。
続く17曲目はお約束の即興曲。いつもならタイトルに悩む場面もあるけど、この日は「セピアメモリー」の前の櫻井さんとのMCで飛び出した迷言に即決。ウクレレでも参加したいんでFとCとGのコードに限定と、厳しい条件も付けてたね。南部っぽいリズムで始まり、スキャットが続く展開。こし餡のおまんじゅうがかぼちゃのおまんじゅうに恋するラブソングで、最後のロングトーンはヨーデルっぽく締めてたな。2年ぶりのオリジナルアルバムとなる来年春のリリースと3月のワンマンの紹介もあり、オーラスも新曲だね。懐かしい足踏みオルガンを思わせるシンセのみで歌い出し、Aメロの途中からバンドも参加。ミディアムなバラードで、途中から手拍子も始まったかな。最初はスツールに座ってたROCOも最後は立ち上がってハッピーなヴァイブレーションを振り撒いてたよ。両手を振り、笑顔でステージを後にするROCOも凄くハッピーに見えたわ。1時間半をちょっと超えるステージはROCOでは標準的な長さだけど、受け取ったものは凄く多かったかな。来年のリリースとワンマンを楽しみに年を越すかな。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.12.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。