スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

箱の中の女@シアターコクーン

昨年12/13ですが、Bunkamuraシアターコクーンで行われた一青窈主演の音楽劇「箱の中の女」を見てきました。ちょっと変ですが、お約束なんでセットリストから。

1. 上の空
2. lindo lindo lindo
3. Patch Work
4. 確信犯
5. 冬めく
6. ドライヤー
7. どっちつかず
8. ラブシチュエーション
9. 凧揚げ

演劇を観るのは「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」以来で、2回目。ヘドはバンドが入ったROCKミュージカルだったし、今回も「音楽劇」と名乗ってて音楽が間に入る演劇なんで、より演劇に近づいてはいるけど共に純粋な演劇ではないかな。今回は一青の歌を聴きに行ったというのが正直な動機で、あまり演劇には縁が無かったのでまともなレポになるか自信なしです。一青のライブは7月の『Key』ツアーなど8回ほど見てますが、主演映画の「珈琲時光」は見てないので彼女の演技も初めての体験。演劇なんでメモを取るのもアレだったんで、おぼろげな記憶とパンフレットを頼りに書きますね。

あらすじ

国籍不明のとある港町、密輸業者オカダを手伝うロクが預かった箱の中から出てきた女をかくまう。女は最初何も話さないのでロクがハナと名づけたが、実は有名なファッションデザイナーのレンファで、闇組織の抗争に巻き込まれて逃亡中だった。ロクの友人の商店主チートイ、近所のバーのマスターであるヤンなどに邪魔されながらもロクとハナは次第に惹かれあって行った。だが、レンファの元恋人(闇組織の幹部)の弟ブランコがレンファに接触してくると、ロクはハナを守ろうとブランコを殺害してしまい逮捕される。レンファは対抗組織の手下となったヤンの手を何とか逃れ、元恋人の元へ返って行く。

一青窈:ハナ/レンファ

歌はピンマイクを通してPAで、台詞は生声だったけど、音量の差がかなりあって台詞は聞き取りづらかったな。歌は気合充分で役になり切って歌っていて、かなり良かったと思う。元々彼女のステージもセットが凝っていたり、歌毎に世界を作るのが上手かったりと、演劇的な要素があったのでいきなり歌に入っても違和感は少なかった。時折あったダンスのシーンは振り付けの井出茂太さんの意図が良く分からなかったけど、歌舞伎や京劇に通じる東洋的な決めのポーズは美しかったよ。「冬めく」以外の新たに書き下ろした詞も、彼女独特の世界観を劇に寄り添わせていたな。

杉本哲太:オカダ

存在感は抜群。ちょっと台詞をかむこともあったけど、勢いあったのでそれほど気にならなかった。母国の妻からの電話に悩まされるコミカルな設定も上手くこなしてたよね。

柏原収史:ロク

出演者の中では最も一般人に近い役回りで、逆に難しかったと思う。自然な演技と恋に落ちる男のドキドキ感が出た表情で、その難しい点を乗り越えてた感じ。ハナを和ませるために弾いたGt.も上手かったし、準主役としては及第点かな。

山中聡:チートイ

ハイテンションな演技が続いて、普通なら鼻に付きそうな役柄だったけど、周りの濃さもあって救われてた。もう少し一人一人に対するリアクションが決まってたら、全体をかき回すことが出来て劇全体が盛り上がったはず。

村杉蝉之介:ヤン

この出演者の中では最も演劇の場数をこなしてきている役者のようで、演劇的な呼吸や台詞の明瞭さではピカイチ。エキセントリックで屈折した役柄もハマてったわ。

水橋研二:ブランコ

狂言回し的な役割っていうこともあって、常にクールな抑えた演技をしてたね。ただ、状況を説明するために死んでから登場したり、時間軸が前後する場面などはもう一工夫あった方がステージに入り込めたかも。まあ、これは演出側の問題か。

出演者以外の感想

先ず音楽のコバタケですが、打ち込み主体のトラックは流石の完成度。少し音質が悪かったのだけが残念。是非サントラをリリースしてください。演出については演劇の経験が少ないので的外れになるかもしれませんが、大掛かりなセット転換も多くて話について行くのが大変。台詞から歌への転換も含めると忙し過ぎたね。事前にネットであらすじを目にしてたから良かったけど、それでもストーリーが染みてくる頃には幕になってた。まあ、ストーリーに関係なく一青の魅力は充分に堪能できたんで、満足はしてますよ。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.01.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。