スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

PoPoyans@B.Y.G

1/31は渋谷のB.Y.Gで行われたPoPoyansの「森へのみち/ゆき」と題されたワンマンに参加。済みませんが、不明曲が多いのでセットリストは無しで。何せPoPoyansは初ライブだったんですよね。ちょっと前説しときますと、cheruとnonchanのツインヴォーカルデュオ。CDは自主制作で2枚、潮音ちゃんやビューティフルハミングバードなどでお馴染みの鈴木惣一朗をプロデューサーに向かえインディーズで『祝日』を昨年リリース。私もその『祝日』で出会い、今回ライブ初参加となった次第。最近ではSAKEROCKの星野源が出演している映画「ノン子36歳(家事手伝い)」の主題歌にもなって、ちょっと話題になりつつあるかな。このライブもlateで行ってきた「森へのみち」を発展させて、カフェ以外では初のワンマンだったとか。B.Y.GはPoPoyansが初めてライブに出演した思い出のハコだそうで、この日は超満員。開演ギリギリで入場した私はもちろん立ち見。ステージは二部構成でそれぞれ6曲ほど、アンコール併せても15曲に満たない1時間半ちょっとのヴォリュームだったっけ。cheruはほとんどの曲でGutGt.を弾いてて、nonchanは主にシロフォンを担当。サポートはFlat Mandolin/A.Gt.の坂本健と二胡の吉田悠樹のお二人で、第二部のラストとアンコールの2曲だけPoPoyansのみでの演奏だったかな。
お二人の衣装は共に薄いベージュのワンピで、髪はcheruが黒髪、nonchanが栗色の共にロングヘア。ネットでPoPoyansを「アコースティック界のPerfume」と評した記事を見かけたけど、美しい声のハーモニーだけでなくヴィジュアルでもかなりのインパクトありました。和風な美少女のcheruに対し、nonchanは今風なルックスで、MCもしっかりしていそうでどこか抜けているcheruと、天然爆発気味なnonchanの対比も面白かった。サウンドは二胡が効いてたね。フィドル的な使われ方をしている曲もあって、Mandolinがブズーキに、時折nonchanが叩くバスタムもボランにも聴こえたな。第二部のスタートにはサポート陣の演奏に乗って玩具の太鼓を叩きつつ、歌い踊りながら入場する場面はロンド風で妖精の舞のようだったわ。本編の最初と最後にプロジェクターでnonchanが撮影したと思われる森の映像が流れたのも、彼女たちのナチュラルな世界観が伝わってきたな。またライブに行きますんで、次はもうちょっと大きなハコでお願いしま~す。
祝日

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.02.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。