スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

山田タマル / 植村花菜@FAB

2/26は表参道のFABで行われた「Candid Groove vol.6」と題されたイベントに参加。山田タマルと植村花菜のみですが軽くレポします。

山田タマル

1. 祈り
2. A Beautiful Day
3. ?
4. My Shell Heart
5. 秘密の静寂
6. 各駅停車の恋

タマルちゃんのライブは1月のイベント以来で、3回目。タマルちゃんはトップバッターで、彼女の衣装は黒いミニスカートに同じく黒のタイトなパンツを重ね着し、トップはクリーム色のキャミにスパンコールでデコレイトされたGジャンというROCKな感じだったのが珍しかったね。サポートはE.Gt.に笹生未久ちゃんのサポなどでもお馴染みのASIA SunRiseこと畑崎大樹にDr./Perc.の2名。タマルちゃんも5曲目でお馴染みのアコギを弾いた以外は、1~2曲目でE.Gt.で参加し、最後の曲はE.Gt.の弾き語りで締めるというこれまでに無い編成。サウンドもROCKど真ん中でなくBlues寄りで、前回のレポで書いた「彼女独特のブルーズフィーリングを生かして欲しい」という願いが早くも形になって嬉しかったわ。タマルちゃんのヴォーカルも前回より好調で、泣きも堪能できたっけ。彼女の場合、泣きが入っても湿っぽくならず、カラっとしているとこが好きなんだよね。3曲目は前回も歌ってた新曲で、これが新しいスタイルでリリースされる日を楽しみに待ってるよ。

植村花菜

1. ミルクティー
2. ありがと。
3. BLESS
4. Only You
5. シャララ

花菜っぺのライブは昨年8月のタワレコ新宿以来で、9回目とご無沙汰してました。って言うか、花菜っぺのライブ自体少なかったよね。3/25には待望のミニアルバム『春の空』がリリースされるんで、フリーライブ含めてステージも多くなるみたいだからなるべくフォローして行きますよ。花菜っぺの出番はタマルちゃんの後、オトナモードをはさんで3番目。セッティングからサポート陣が居残ったまま客電が落ちてステージがスタート。編成はPerc.にFonogenicoのサポでお目にかかったことのある北航平と、アコギにエレピの3名。もちろん花菜っぺもアコギを弾いてたよ。彼女の衣装はダークグリーンの膝丈ワンピに黒いレース模様のストッキングと、ロングブーツだったかな。髪はちょっとカラーリング入ったミディアムな長さ。昨年の夏より少しふっくらしていたかも。出だし彼女自体のパフォーマンスは少し悪かったけど、サポート陣のノリに後押しされて徐々に花菜っぺにも火が付いて行った感じ。花菜っぺのヴォーカルも泣きが特徴だけど、彼女の泣きも適度な湿度感とぬくもりがあるのが救い。この二人のヴォーカルを聴き比べられたって言うだけでもこの日無理して行った甲斐があったわ。
春の空

スポンサーサイト

2009.03.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。