スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

toddle / 日暮愛葉 and LOVES!@BASEMENT BAR

3/1は下北沢のBASEMENT BARで行われた日暮愛葉 and LOVES!主催の「NEW DAY RISING !!!」というイベントに参加。toddleとLOVES!のみで申し訳ありませんが、軽くレポしときます。

toddle

1. ?
2. a sight
3. hesitate to see
4. Recollection
5. In a Balloon
6. bakadana~
7. Colonnade
8. ?

toddleのライブは昨年8月のSHELTERでのイベント以来で、7回目かな。toddleの出番はYOMOYAに続いての2番目で、このYOMOYAも一癖あるサウンドでアイコンも誉めてたっけ。さて、toddleはいつものNeutral Milk HotelのSEに乗って、すっかりお馴染みとなったサポートDr.内野正登(from moools)と共にメンバーが登場。メンバー全員黒のTeeにジーンズという衣装だったね。1曲目は多分新曲で、チャコちゃんのヴォーカルが結構メロディアス。toddleらしい激しいビートに乗って、最初からステージを盛り上げてたわ。二本のGt.のリフでブリッジして突入した2曲目も江崎さんの倍速ビートが強烈だったな。フラットなヴォーカルとアウトロでのフロント二人のスキャットも不思議な浮遊感あって面白かった。アルバムの曲順に従って続いた3曲目ではフロントはさて置き、ウッチーと江崎さんの激しい応酬にシビレたな。
この曲の途中で江崎さんが張り切り過ぎて足元に置いてた缶ビールを蹴倒してしまい、MC中にローディーさんに拭いてもらうというハプニングも。チャコちゃんとアイコンの相変わらずユルいMCから続いた4曲目もアイコンのリードで少しホンワカして、5曲目はまたリズム隊が爆発して来たよ。疾走するウッチーのDr.とカラフルな江崎さんのビートが、チャコちゃんのヴォーカルを少しドライブしてたかも。6曲目は間奏でのチャコちゃんのGt.ソロがひたすらエモーショナルでヤバかったし、7曲目はウッチーのタムロールとか江崎さんの歌うBs.ラインが美しかったな。最後は去年も演奏していた新曲かな。ヴォーカルにも華があって、いい感じで40分のステージを締めてくれたわ。toddleも徐々に進化して来てるんで、今後も注目して行きますよ。

日暮愛葉 and LOVES!

1. ONE
2. It's over
3. I Want You
4. accidentally
5. NO WAY TO HOLLYWOOD
6. ?
7. KISS KISS KISS KISS
8. LUCKY ME
<アンコール>
9. Tonight

LOVES!のライブは昨年11月のワンマン以来で、こちらも7回目すね。トリのLOVES!は明るいR&RのSEに乗ってメンバーが揃って登場。愛葉の衣装は翡翠色のTeeとストッキングに、穴の開いた白いコットンのミニワンピを重ね着。足元はバックスキンのブーツで、髪はアシメトリーにカットされた黒髪ショートだったかな。目の周りを蛍光グリーンのシャドウで塗ったいつものパンキーなメイク。1曲目からハンドマイクでステージ左右に出かけてフロアを煽りまくる愛葉らしいオープニング。中村さんのピコピコしたウィンドシンセもパンキッシュでカッコ良かったよ。2曲目では秋山さんの変拍子入ったDr.ソロの間に愛葉もGt.を担ぎ、サビではKCがデュエット気味にコーラスで参加。3曲目はナカケンのBs.ソロ中に愛葉はまたGt.を下ろし、ハンドマイクでイントロから踊りまくってたっけ。間奏では愛葉にからまれて、KCはGt.弾きにくそうだったり。暴れすぎてこの後のMCでは完全に息が上がって、お客さんからビールを差し入れられて一息つく場面も。MCではすい臓炎で入院し、ようやくこのライブに間に合ったことなど話してたけど、二の腕にはまだ注射の跡が残ってたりと痛々しかったわ。
4曲目はヴォーカルとバンド全体がビートを刻む中、中村さんのA.Sx.のみがクレイジーなブロウで引っかき回している感じがシビレたな。5曲目もリズム隊のビートがヤバかったけど、愛葉はちょっと歌詞が飛ぶ場面も。6曲目はちょっと踊り過ぎて曲名が分かんなかったけど、7曲目は新曲ですね。この7曲目は愛葉がGt.を下ろし、それをナカケンへ。愛葉自身はBs.を担いだけど、Bs.を弾くのは高校生以来だったとか。慎重にリズムを刻んでたかな。ナカケンは軽快にバッキング弾いてたりで、ちょっとサプライズだったわ。アウトロの最後のビートを秋山さんとアイコンタクトでしっかり合わせて、ようやく笑顔が出てた愛葉でした。本編最後はいつものようにインプロ全開なジャムからスタートし、愛葉はビール片手にスキャット入れるイントロ。そのジャムの勢いのまま曲に入ると愛葉も激しく踊り、シャウトしまくる展開。最後はステージを転げ回ってシャウト繰り返してたっけ。アンコールで愛葉はタバコをくわえて登場しダルな感じのMCがあって、アンコールもビートは激し目けどヴォーカルはけだるいウィスパーからスタート。途中ヴォーカルも少し激しくなったけど、最後は落ち着いた感じでフィニッシュして45分のステージを締めてくれた。新曲も沢山出来てるし、4/18のイベントにはマスドレも出るのでまた参加しますよ。
Now is the time!

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.03.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。