スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

EGO-WRAPPIN'@AX

3/16ですが、渋谷AXで行われたEGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXXの「live tour "Station"」東京公演に参加してきました。いつものセットリストから。

1. RED SHADOW
2. Whammy Kiss
3. Sundance
4. morning star
5. 想像の美しい世界
6. マスターdog
7. million starlight hotel
8. 雨のdubism
9. 下弦の月
10. Dear mama
11. !楽団
12. a love song
13. だるい
14. Girls Just Want To Have Fun
15. The Ruling Class
16. サイコアナルシス
17. GO ACTION
<アンコール>
18. かつて・・。
19. Nervous Breakdown
20. くちばしにチェリー

エゴラのステージは昨年末のキネマ以来で、とうとう15回目っすね。思えば2004年の初参加以来、約5年間で年平均3回とは多いような、まだまだ少ないようなビミョーな数字。まあ、リリースが無い年はキネマのみ参加ってのもあったし、よっちゃんのソロやゲスト出演も含めればもう少し回数は増えるんで妥当な線かな。今回は先行で整理番号が悪かったし、仕事もあって開演ギリギリでの入場。中段ほぼ中央にもぐり込むと、ほぼ定刻に客電が消えて歓声が沸き上がったわ。スカっぽいSEが流れ、真っ赤なライトが照らす中、先ず男性陣が入場しセッティング開始。森さんの合図でSEが止むと、1曲目のイントロがスタートし、拡声器をもったよっちゃんも登場。よっちゃんの衣装は白地に大胆な花柄のプリントが入ったドレスで、最初共布と思われるヴェールもかぶってたかな。この1曲目は昨年のRSRでもオープニングとなってて、激しいジャムとよっちゃんの拡声器でのアジテーションがフロアを煽りまくるスタートには持って来いのナンバー。今後しばらくはこの曲がエゴラのステージ開始を告げるような予感さえあるね。
続いて2曲目ではホーン隊が下がり、ニューアルバムの中でも私が最も好きな曲が来てテンションだだ上がり!よっちゃんもヴェールを外して、本気モードに突入。サビではコーラスとしてダブっぽいエフェクトも入ってたかな。ただ、間奏の森さんのGt.ソロはややモタってた感じが惜しかった。3曲目でもヴォーカルをリアルタイムでサンプリングしてループしてそれにスキャットを重ねるとかもしてたっけ。いつものようによっちゃんはタンバリンでフロアを煽ってたけど、お客さんの反応も良くて打てば響くって感じ。4曲目はまたよっちゃんが拡声器に戻り、ダルな展開から再登場したホーンと共に爆発して行く様がカッコ良過ぎ。これぞニューエゴラとも言うべき新境地。大サビでの川崎さんのF.Hr.でのバッキングはシビレたわ。5曲目は間奏でのTp.ソロのラテンフレイヴァーと、それに続くスペイシーなシンセのマッチングも面白かったね。6曲目はイントロからよっちゃんの遠吠えが聴けたし、7曲目では間奏でのよっちゃんのパルマに即座にフロアからも手拍子が起きてフロアの緊張感も高いまま。

短いMCをはさみ、8曲目は一昨年のNHKホールで最初に聴いて以来、音源化を待ち望んでいた曲がやっと来たね。真船さんもウッベにチェンジして、間奏でのホーンのアンサンブルによっちゃんもオフマイクのスキャットで絡むとか乗って来ました!ここでゲストとしてバンドネオンの北村聡さんが登場。アキラッチもDr.セットを離れ大太鼓をマレットで叩き、タケちゃんもCl.にチェンジして一気にハコの空気を30年くらい巻き戻していたのは流石。よっちゃんのヴォーカルもエモーショナルでこの日一番だったかも。新譜からの曲は続き、10曲目はホーン隊の二人がコーラスしてたり、11曲目ではマリンバっぽいシンセとよっちゃんのパルマがシンクロしてたりとこのアルバムらしいアンサンブルが聴けたのが嬉しかった。ただ、まだバンドとしての統一感は音源のレベルには追い着いてなかったのがちょっと残念。エゴラなら絶対音源を超えてくれるグルーヴを聴かせてくれると信じているので、追加公演に期待しときます。12曲目は去年のキネマよりよっちゃんのヴォーカルがハッピーなヴァイブレーションを発してたのが良かったし、タケちゃんのT.Sx.もダブ入ってて素敵の一言。相変わらずユルいMCがあって、13曲目も新譜からでミュートTp.とFl.のアンサンブルはCDよりグルーヴあったな。惜しかったのはPAにハウリングがあったことと、森さんのGt.ソロに切れが無かったね。
14曲目は昨年から何度か登場している花でデコレイトされた短いマイクスタンドにスイッチして、よっちゃんがステージを駆け回って煽りまくってた。去年の野音ではイトウさんとの共演に鳥肌ものだったけど、今回のアキラッチと真船さんのコーラスも負けてなかったね。15曲目の前にはよっちゃんは飲んでいた水のボトルをフロアに投げ込んで、気合を入れ直しROCKなシャウトを連発。16曲目はかなり崩して歌ってたけど、よっちゃんだけが走ってた感じかな。本編ラストは踊りまくるよっちゃんに、跳ねまくるフロアのベクトルが一致して一安心。最後に一言「愛してるぜ」と残してステージを去るよっちゃん、男前です。アンコールでは黒いタンクトップに着替えて再登場のよっちゃん、18曲目ではゲストの北村さんもまた登場して間奏でのバンドネオンソロではよっちゃんも幸せそうな笑顔を見せていたのが印象的。ラスト2曲はお馴染みのアゲアゲナンバー連発。よっちゃんがスモークを出すチューブをフロアに向けたりと演出にも力入ってた割には、今一空振り気味だったかな。ギミックよりはグルーヴで勝負してください。赤ブリに期待です、ともう一度言っときます。
EGO-WRAPPIN’AND THE GOSSIP OF JAXX

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.04.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。