スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

チャットモンチー@Yokohama BLITZ

5/26は横浜のBLITZで行われたチャットモンチーの「いま一度、ライブハウスを洗濯し申す」という大袈裟なタイトルのツアー神奈川公演に参加してきた。とりあえずセットリストから。

1. Last Love Letter
2. 海から出た魚
3. 長い目で見て
4. 一等星になれなかった君へ
5. 8cmのピンヒール
6. 風吹けば恋
7. 東京ハチミツオーケストラ
8. 染まるよ
9. CAT WALK
10. ハイビスカスは冬に咲く
11. ツマサキ
12. 橙
13. あいまいな感情
14. 終わりなきBGM
15. 意気地アリ
16. 余談
17. やさしさ
<アンコール>
18. 恋の煙

チャトモのライブは4月の荒吐以来で、18回目(過去のレポはこちらから)。ホールツアーのNHKホールにも参加してるんで、今年は3回と前半から多くなってるな。2006年からずっと年5回ずつチャトモを見てるけど、今年はその壁を破りそうな予感。会場に入るとステージ上にはその長いツアータイトルを染め抜いた旗指物が何本か立ってたね。そういえば会場の入口とかにもあったかな。後のMCによるとこの達筆は、これまでのツアーや武道館でもタイトルを大書してくれてたクミコンの妹さんだとか。開演時間の19:00を5分ほど過ぎてようやく客電が暗くなり、BGMがROCKなSEに変わると先ずスタッフがステージ中央にあったその旗指物を両脇によけて、お三方が登場。えっちゃんとあっこは共に白いTシャツ、クミコンはチェックのシャツに茶色っぽいベストだったかな。ボトムは皆さんパンツだったと思うけど、よく見えなかったよ。1曲目の前にあっこのBs.ソロからDr.が絡み、最後Gt.も加わるという短いJAMあったけど、早くも大きな歓声が上がってたわ。あっこは新しい黒のジャズベ、えっちゃんはお馴染みのサンバーストのテレキャスを担いでたっけ。そこからクミコンのスティックカウントで1曲目がスタート。クミコンの舌打ちは今回聴こえなかったけど、サビからクミコンのコーラスが入るのはNHKホールと同じ。そのホールでは気が付かなかったけど2コーラス目はCDと同じくリズム隊のみで歌いだしてたな。やっぱ浜ブリは音が良いね。NHKホールも響きは豊かだったけど音が団子になって、バンドには向いてなかったのが良く分かるよ。2曲目はそのホールと同じ曲順で突入したけど、今回はメドレーではなかったよね。あっこのタッピングもホールより派手になってたり、アウトロのGt.ソロにBs.がねっとり絡んだりとあっこ大活躍。3曲目はネタの曲紹介や、Dr.台の移動とかの演出は無し。こうしてマトモに聴いてみると結構ROCKな曲だってことが分かるな。ただクミコンは歌に神経が行ってて、ややDr.がおろそかになっていた気もしないではないかな。
4曲目は初めて『告白』以外からのナンバーで、イントロから歓声が上がってたわ。やっぱお馴染みのナンバーは人気があるのかな。でも、演奏し慣れていないのが丸分かりで、バンドのまとまりは無かったよ。初めてのMCがあり、5曲目は『告白』のオープニングトラック。この曲はフロアの受けも良くて、一斉に皆さん跳ねてたのが壮観だったな。こうなるとステージのお三方もテンション上がって、演奏もグルーヴして来たわ。えっちゃんのシャウトも情念入ってきたっけ。Dr.ソロでブリッジしてなだれ込んだ6曲目もフロアのテンションは高いままで、えっちゃんもフロアを見渡して満足そうにうなづきながら歌ってたね。でも間奏のGt.ソロは三人が向き合って、演奏に集中してたのは流石。7曲目はまた『耳鳴り』に戻り、この曲でもフロアは跳ねまくってたよ。この曲、大好きなんで早稲田祭以来久々に聴けて自分もテンション上がったわ。8曲目はホールの時のようにあっこは最初から後に下がらなかったけど、2コーラス目からDr.台に上がってえっちゃん一人をステージにさらす作戦。えっちゃんもその心配りを感じたのか、情念あふれるフェイクを聴かせてくれたっけ。9曲目はやはりE.Gt.弾き語りから始まったけど、間奏のGt.ソロはハウリングを多用した新型になっててシビレたね。アウトロもGt.を目一杯泣かせてGt.でも情念を表現させてた感じ。ここで情念爆発エリコワールドは一旦幕を引き、えっちゃんはアコギ、あっこもアコギ型のBs.を担いで、クミコンはDr.台の前に設置されたPerc.に移動。ホールではアンコールにやったアココーナーがここで来るとは予想外の展開。先ず最初の10曲目はホールでもアコ編成でやったので、慣れてたかな。えっちゃんもヴォーカルをちょっとガーリーに振ってたり、あっこも慣れないアコギ型Bs.でもフィルを入れたりと余裕さえ感じたわ。クミコンだけはコンガにちょっと手こずってて、あっこがクミコンの前まで来て喝を入れてたかも。

アココーナーのラストは意外な曲で、「~has come」の名曲がここで来るとは。えっちゃんは「ハイビスカス~」より更にガーリーなヴォーカルとなって、体揺らしながら楽しそうに歌っていたのが印象的。あっこのコーラスもえっちゃんの声に寄り添うようで優しかったな。相変わらずとりとめの無いMCがあり、「久しぶりに橙をやります」との曲紹介にフロアから大歓声。この歓声は「橙」を歓迎するというよりは、グダグダなMCが終わること喜ぶ歓声でもあったような。武道館以来1年ぶりに聴く「橙」も情念系エリコワールド炸裂で、その前のガーリーなアココーナーとのギャップに萌えちゃうわ。ラストのロングトーンもエモーショナルの一言。13曲目はBs.ソロから入るダークなナンバー。えっちゃんのヴォーカルにも深いリヴァーブがかかってたけど、気持ち良く広いハコに木霊してたわ。アウトロの「I My Me Mine」のスキャットはあっことクミコンのみだったんだね、ホールでは遠くて気が付かなかったっけ。14曲目も武道館以来聴くナンバー、っていうかどっちかって言うとレア曲。『耳鳴り』レコ発ツアー以外では、年に1回ぐらいしか聴いていないわ。このハコツアーは『告白』以外のナンバーは定番曲よりは意外な曲で攻めて来ている感じが強いかな。次の「意気地アリ」も「ヒラヒラ~」のC/Wで、CDでは印象が余り良くなかったけど、ライブで聴いてみると意外とスピード感あるROCKなナンバーだったことを発見。この曲からあっこは昔のブルーJB、えっちゃんは濃紺のテレキャスにスイッチしてたけど、ディストーション多目だったのでGt.単体での音の差は分からなかったっけ。曲が終わってからのMCであっこが「この曲はチャトモの曲の中で最短で、デモではもっと短かった」と言ってたね。
16曲目はまたあっこは元の黒いジャズベに戻り、そのゴリゴリしたBs.ラインからスタート。前半はややノリが悪かったクミコンのDr.もかなりグルーヴして来て、バンドとしての一体感が出て来たかな。で、本編最後は意外なナンバーで締めとなったかな。アゲアゲとは言えない曲で最後を飾るという、難しい選択をした彼女らの勇気に乾杯。でも最後徐々に盛り上げてゆく気迫のこもったバンド一体となったクレッシェンドは成功してたようで、一安心。ただ、えっちゃんの声が最後はかれ気味だったのが気になったね。アンコールでは三人そろって旗指物を掲げて再登場。お馴染みのグッズ紹介を始めとするユルいMCがあり、アンコールはフロアの人気も絶大だった名曲で華麗なるエンディングへ。えっちゃんの声も少し復活してて、何より。フロアもここを最後とばかりに跳ねまくって、あっこはこの日初めて自分の居た上手にまで来てくれたのが嬉しかった。最後はすっかり恒例となった記念撮影で終わったけど、今回も前でタオルを掲げていた若者のおかげでまったく写ってなかったのが残念。2時間弱とホールツアーに比べ短かったけど、あっちは写真の上映会とかお客さんをステージに上げるなどの演出があって間延びしたとこもあったので、このハコツアーの方がギュっと凝縮されたステージで好印象。RIJFも参加予定なので、この好調さをキープしていてくださいな。
告白

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.07.21 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

junperさん、コメント連発ありがとうございます

おっしゃるように盛り上がりに欠けるエンディングは評価は分かれるかもしれませんが、シングル「染まるよ」リリース時のレーベルサイドとの意見の食い違いとかを乗り越えて完成させた『告白』に対するメンバーの思いみたいなものが感じられ、自分的には「こう来たか」と思ったんですよね。まあ、この公演はハコツアー開幕戦だったので、Zeppよりはホールツアーを引きずってたのかも。

2009-08-16 日 18:09:25 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

こちらにも遅ればせながらコメントです。僕が行ったZeppとのリストと見比べてたんですけど、かなりセットリスト変えてきてますね。この辺りライブハウスツアーならではの自由度、ってことなんですかね。
僕はこのツアーが「告白」のツアーの延長上にあるとは思っていなかった(ホールツアーで終わりと思っていた)せいもあって、ラストにかけての盛り上がりがイマイチと感じました。もちろん最後に勢いのある曲(あるいは定番曲で)で盛り上がるライブが全てにおいていいというわけではないんですけど。
ちょうどくるりのライブと前後してみていたこともあって、演奏の工夫(あるいはテクニック?)という面でも物足りなさを感じました。
でも「告白」の楽曲やライブの内容を見るとチャットモンチーは着実に次のステージ向かっているような気がしました。次のアルバムやツアーが楽しみです。

2009-08-16 日 15:19:43 | URL | junper #- [ 編集 ]

タケルさま、お待たせしました

RIJFも今週末に迫ってきたので、既にワクワクしっ放しです(笑
横浜ではクミコンがやや不調だったので、RIJFでリベンジしてくれることを期待してますよ。
あと、彼女は荒吐では晴れ女の真骨頂も見せてくれてので、ひたちなかでも引き続き神通力を発揮して欲しいね!

2009-07-27 月 23:41:39 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

待ってました!

時間差ライブレポ、ありがとうございました!
横浜は行くことができませんでしたが、おかげさまでリアルに追体験することができましたよ。アコセット明けの「橙」はポイント高いですね!!
ぼくも「余談」「やさしさ」で締めくくるという冒険をやってくれるうちは、まだまだ大丈夫と思いました。
新曲を含めて、次なる動きに期待したいですね。

2009-07-27 月 07:31:29 | URL | タケル #EjB9wtYU [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。