スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

arp@アストロホール

5/27は原宿のアストロホールで行われたarpの『いっしょ』レコ発ワンマンに参加。いつものセットリストから。

1. ここから
2. YES
3. Starlight Stardust
4. ねがい
5. この空の下で
6. No Eternity
7. キラリ
8. 船の銀河
9. きみは世界一
<アンコール>
10. わたしのこえ
11. 光のさすほうへ

arpのライブは昨年7月のイベント以来で、14回目(過去のレポはこちらから)。開演時間の19:30を10分ほど過ぎて先ずステージ前に下がっていたスクリーンにオープニングムービーが流れ、その間に裏ではarpのお二人とサポートのVc.百瀬郁子さんが登場しスタンバイしてたのが脇から見えてましたね。そして映像が終わるとスクリーンが上がり、1曲目がスタート。この日のあん朱さんの衣装はベージュの膝丈ワンピースで、髪は毛先ウェーヴ入ったロングだったかな。ほぼ1年ぶりだったけど、ちょっと太っていたような印象。この1曲目は新譜のオープニングトラックで、この曲からはいるのは真っ当だね。ちょっとポップだけど、arpらしい精緻な打ち込みとキャッチーなサビのメロディに、あん朱さんらしいポジティブな詞。百瀬さんのVc.もスピード感があって、元気なオープニングとなってたかな。新譜に関するMCがあり、2曲目は前のアルバムから。イントロから客席では手拍子も起こったけど、この曲に手拍子はちょっと合わない気がしたね。あん朱さんも声が出て来た感じだったので、もう少し落ち着いて曲が聴きたかった。3曲目は曲前に「盛り上がって行こう!」とあん朱さんから喝が入ったけど、これもタイミング的には早かったかも。この曲から徐々にあん朱さんのヴォーカルも濃くなって来たけど、この曲ではバックが厚かったので何とか救われてたね。ちょっとまとまりの無いMCがあり、4曲目はまた新譜から。あん朱さんのヴォーカルはやや抑え目でいい感じだったけど、ハマーの打ち込みはちょっとメリハリが無かったのが惜しい。特にリズムパートは平板だったかな。5曲目も新譜からで、ワルツなリズムとオルゴールなどのカラフルな打ち込みは、かなり計算されつくされていたイメージ。あん朱さんもウィスパー入ったり、語るように歌う部分もあったりでドラマティックに歌い上げてたな。
ここでこの日のメインイベントとも言えるハマーのエレピプレゼント争奪戦という長いアトラクションがあり、6曲目はやっぱあん朱さんも最初は歌いにくそうだったわ。まあ、曲が進むに連れ彼女も気持ちが入って来てフェイクも出たり、いいパフォーマンスとなって救われてたかも。7曲目は『Life Palette』からのナンバーで、arpのアンセムのひとつだね。あん朱さんも歌い慣れている感じで、サビの入りをオフマイク気味にしたりと色々工夫してる感じ。ステージ左右にも動いたりし始めてたけど、途中でイアモニが外れちゃう一幕も。ここでまたスクリーンが下りて来て、「船の銀河」のPV上映へ。PVが終わるとスクリーンも上がって、今度は『いっしょ』のセルフライナーノーツを生で語るコーナー。で、ようやくそれも終わり8曲目は「船の銀河」のライブへ。この曲は久々にarp本来の美味しいとこである和風リリカルなハマーの打ち込みと、ダイナミックに歌い上げるあん朱さんのヴォーカルが見事に結合した名曲。直前のセルフライナーノーツでも以前からやってみたかったという琴の打ち込みも効いてたわ。以前、中島みゆきの「地上の星」を軍歌みたいと評した記事を目にしたことがあったけど、それを思い出してしまうほどあん朱さんの声もポジティヴで力強かったね。ライブでの出来は良かったけど、CDはかなり音が悪かったのが残念。本編ラストは新譜のリーディングトラックになると思われる曲で締め。ヴォーカルはあん朱節とでも言いたい彼女らしい弾むような歌い方が素敵だったけど、打ち込みはちょっと精彩を欠いていたかな。こういったポップな曲はハマーも苦手としているようで、引き出しが尽きかけているみたい。

アンコール1曲目は9曲目と同じくポップな曲だけど、二胡の東洋スケールでハマーらしさが出せているので救われていたな。さて、オーラスはハマーお得意のシンフォニックな打ち込みで、あん朱さんのヴォーカルも最大限に生かした曲で2時間のステージを見事に締めてたわ。この日はレコ発ワンマンと言うよりはアトラクションやMCが多くて、リリースパーティーと言った雰囲気が強かったかな。この後、7月からはarp二人でのステージはしばらく休み、あん朱さんのみのステージでもarpの曲を封印するとか。これまでのレポでも何度か書いて来ているけど、あん朱さんの歌いたい曲とハマーらしい打ち込みにギャップが出て来ているのがこの活動方針の変更につながっている気がしないでもないね。「船の銀河」のようなarpらしい曲を期待してるので、何とか二人の妥協点を見つけてまたステージが見られることを祈ってます。
arp

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.07.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。