スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

flex life@晴れたら空に豆まいて

6/23は代官山の晴れたら空に豆まいてで行われたflex lifeの「bitter & sweet」とと題されたワンマンに参加。ちょっとアヤシーけどセットリストから。

<第一部>
1. らいふらいさん
2. wildcat blues
3. LOVE LOVE LOVE
4. MY CHERIE AMOUR
5. のらりくらり
6. 時計仕掛けのステップ
7. ラ・ラ・ライフ
<第二部>
8. それいゆ
9. 蜜蜂
10. さらばい
11. 帰れない二人
12. getting better
13. flower
14. 寝ても醒めても
<アンコール>
15. 声を聞かせて
16. amefrica
17. SWEET MEMORIES

flex lifeのステージは1月のジョイント以来で、10回目(過去のレポはこちらから)。最初に夢中☆遊泳の高瀬裕治さんのオープニングアクトが30分ほどあり、flex lifeの登場は20:10をちょっと過ぎたあたり。里枝んぬの最初の衣装は紫色のブラウスにジーンズで、足元はエメラルドグリーンのミュール、髪はロングヘアを後ろで後ろでまとめてたっけ。この日はサポート無しで二人だけのステージ。MCでも言ってましたが、東京での二人だけのワンマンは初めてだったとか。まあ、flex lifeはワンマン自体少なくて、自分も一昨年の一回しか参加できてないもんね。第一部は3~4曲目がindigo jam unitとのコラボ盤からのカバー曲で、2、6~7曲目がまだ音源になっていない曲という最新型のflex lifeを紹介するような構成。新曲は2曲目がSoulfulで、6曲目はちょっとカリブっぽく、7曲目は2nd Line風なリズムが南部を思わせてくれりとヴァリエーションあったわ。第二部では里枝んぬの衣装がジーンズは多分そのままで、カフェオレ色のラメ入ったトップ、足元は赤のミュールに、髪はゆるいウェーヴのロングを垂らしたスタイルにそれぞれ変わってたな。一方、大倉さんは第一部では「ちょっと酔っているかな」という程度だったけど、第二部になると大分出来上がった状態に。でも演奏はしっかりしてて、ノリがかなり良くなってたのは流石。11曲目は高瀬裕治さんをゲストに迎え、陽水とキヨシローの名曲をデュエット。その他の曲はホームページでリクエストを募って選んだというベスト盤的な内容。第一部も含めてこの日の二人は、これまでに見たステージをかなり上回るグルーヴを聴かせてくれたかな。毎度彼女らのライブでは凄まじいノリを感じるんだけど、バンド無しでここまでのパフォーマンスしてくれるってのは想定外。もう、里枝んぬのSoulfulなヴォーカルには脱帽です。11月の440も楽しみになって来たね。
”Vintage Black

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.09.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。