スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

植村花菜@duo

7/2は渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われた植村花菜の『春の空』レコ発ツアーに参加。いつものセットリストから。

1. Darlin'
2. sky high
3. 恋の魔法
4. ラストランゲージ
5. 太陽
6. 紙ヒコーキ
7. メロディー
8. 一番星と三日月
9. 神様につながる時
10. BLESS
11. あなたのその笑顔はいいヒントになる
12. ミルクティー
13. ありがと。
14. キセキ
15. 光と影
16. 春にして君を想う
<アンコール>
17. 僕が守るもの
18. シャララ
<ダブルアンコール>
19. Only You

花菜っぺのライブは3月のフリーライブ以来で、11回目(過去のレポはこちらから)。後のMCで1年半ぶりのワンマンと言ってたけど、そのライブは参加できなかったんで自分的には2年半ぶりのワンマンだったな。ほぼ定刻の19:00に先ずサポート陣が入場、メンバーはBs.林由恭とDr.林久悦の双子リズム隊に、Kb.こうへいくんとGt.しんちゃんの詳細が分からないお二人で計4名。続いて登場の花菜っぺはシルバーのキャミに紫のトップと白のヴェストを重ね、ボトムはジーンズだったかな。落ち着いたカラーリングの髪は少しウェーヴがかかった肩辺りまでの長さ。端から満面の笑みで花菜っぺも楽しそうにステージが始まったわ。特に前半目立ったのはバンドのグルーヴで、これまでの花菜っぺのサポートは中堅からヴェテランが多かったけど、このバンドはほぼ花菜っぺと同年代で、Kb.のこうへいくんに至っては年下だったとか。大阪と東京という短いツアーだけど、既に同じメンバーでステージをこなしていた点でもバンドのまとまりが良かったな。バンマスの林由恭は4弦と5弦E.Bs.に加えU.Bs.まで駆使して、バンドを引っ張っていたプレイには脱帽。花菜っぺも時折アコギを下ろしてハンドマイクでフロアを煽ったり、バンドに後ろから押されて弾けたステージング。6曲目はアコギ2本のみ、7曲目からはカホンとU.Bs.そしてエレピも入ったアコ構成でもグルーヴをキープしてたのは流石。ここらは花菜っぺがキッチリとリードしてた感じ。9曲目で通常のバンドセットに戻り、後半は鉄板ナンバーをそろえた怒涛の展開。この日のベスト曲はやはり「キセキ」でしょうね。これまではBluesっぽいアレンジで聴かせてくれてたけど、Gt.のしんちゃんがケルトっぽいリフを入れたり、コーラスも重ねてくれてROCKさが強調されててサプライズ。昔に比べると花菜っぺの音域は狭くなってるんだけど、それを補うノリと泣きのヴォーカルが光ってたわ。そして15曲目も花菜っぺがストラトを担ぎ、ROCKチューンを連発。最後花菜っぺもジャンプでフィニッシュするとかノリノリ。アンコール1曲目はこのツアーのために作ったと言う新曲をアコギ弾き語りで、続く「シャララ」はまたバンドを呼び込んで、アウトロの長いジャムにスキャットで参加していた花菜っぺも楽しそうだったね。で、ダブルアンコールは花菜っぺのエレピ弾き語り、泣き全開でシットリと締め。やっぱ花菜っぺの明るいキャラと華やかなヴォーカルはワンアンドオンリーだな、と実感したステージだった。年に一度はワンマンをやって欲しいよ。
春の空

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.10.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。