スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

小谷美紗子 / 湯川潮音@明日館講堂

7/7は池袋の自由学園明日館講堂で行われた小谷美紗子と湯川潮音のツーマンに参加。美紗ぽんと潮音ちゃんのガチンコ弾き語り対決、いや凄いバトルでした。

小谷美紗子


1. The Stone
2. STAY
3. 火の川
4. Gnu
5. 眠りのうた
6. Off You Go
7. 儚い紫陽花
8. たなばたさま
9. ?

美紗ぽんのライブは昨年のRSR以来で、10回目(過去のレポはこちらから)。これまでは全てトリオのステージで、弾き語りは初めて。ステージ上にはコンパクトなグランドピアノ設置されてて、明日館備え付けの年代物ではなかったのが残念。美紗ぽんの強いタッチには現代的なピアノの方がフィットするんだろうけど、せっかくの明日館なんであのピアノで聴いてみたかったね。この日は荒れ気味の天候で、風が強くてお月さんが見えたかと思うと雲に隠れたり。木立も風に揺れてて、ライブの開始まではざわざわしてたっけ。開演時間の19:00を3分ほど過ぎて美紗ぽんが登場。この日の衣装は白いレース地のミニワンピに茶色のヴェスト。足元は黒っぽいミュールで、髪は肩辺りまでだったかな。1曲目が始まるとトリオの時とは違った緊張感があったな。トリオでは美紗ぽんのパワーが他の二人や観客に向かって放出される感じだけど、弾き語りだと歌声の行き先が美紗ぽん自身に吸収されてしまうようなイメージ。演奏も意図的にかブレイクを多く入れて、隙間を作っていたようだったわ。MCはトリオでもぽつりぽつりと話すんだけど、この日は更に途切れ途切れに。でも意外と長くしゃべっていたのは会場の雰囲気の成せる業だったかも。曲に入る前にも集中する時間を長く取っていたのもトリオでは見られなかった光景。歌に込める感情も何時ものような情念は薄めで、どちらかというと諦念のようなものを感じたりしたっけ。この日のベスト曲は7曲目かな。悲しみを表現するハイトーンと、あきらめの思いを代弁する低い声で交互に歌われるサビの意図がようやく分かったような気分。ハイトーンはちょっと力入り過ぎて裏返る場面もあったけど、それも切なげで強烈に染みたわ。8曲目の前には七夕に対する思いを長く語り、童謡をまるで少女のようなかわいらしい声で歌ってくれたのも感激。ラストは多分去年のRSRで初めて聴いた新曲で、最後は美紗ぽんも穏やかな表情でフィニッシュ。その笑顔を見て、歌うことで自らを浄化し切ったようにも思えたっけ。後に彼女がブログで「集中し過ぎて30分近くも持ち時間をオーバーしてしまった」と懺悔していたけど、ちょっと珍しいステージだったかも。

湯川潮音


1. ?
2. エデンの園
3. キャロル
4. 風よ吹かないで
5. CASE OF YOU
6. Turn! Turn! Turn!
7. Cycle
8. 緑のアーチ
9. ルビー
10. 朝の賛歌

潮音ちゃんのライブは6月の対バン以来で、18回目(過去のレポはこちらから)。時間オーバーの影響で5分ほどでセットチェンジを済ませ、慌しく潮音ちゃんが登場。この日の衣装はシンプルなシルエットの淡いベージュ色ロング丈ドレスに、白いハイヒールだったかな。髪は栗色のロングで毛先だけちょっとウェーヴ入ってた。1曲目は七夕に対する思いを歌った即興曲を短く歌い、2曲目になだれ込む展開。潮音ちゃんは6月のグローブ座に続きこの日もかなりエモーショナルなモードで、最初っからヴォーカルに力入ってたな。アウトロでもROCKっぽいスキャットで締めくくってたし。3曲目は「今日のような風の強い日に作ったので皆さんで効果音をやってください」とおねだり。先ず自らがサンプラーで「フー」と息を吹きかける音をループさせ、それにアルペジオを重ねて歌い出し。この曲も途中で頭振りながら歌うとか、かなり気持ち入ってたけどグローブ座に比べて声は伸びてて、パワフルなハイトーンだったよ。お客さんの効果音はやや空振り気味だったけど、そのままメドレーで「風よ吹かないで」に続くとこは流石です。でも、スキャットをサンプラーに収録するのに失敗し、「もう一度やっていいですか?」とやり直し。スカートが長めだったので足でサンプラーを操作するのが大変そうだったな。まあ、二回目の方がスキャットも美しかったので、良しとしましょう。5曲目はJoni Michellのカバーで、潮音ちゃんが日本語の詞をつけたとか。リヴァーブ多目のヴォーカルだったけど、凄いハイトーンの伸び。フェイクも多めでノリノリで歌ってた感じ。大サビに入る前、ブレイクから再スタートする際にステージをキックしたりとか、珍しいシーンもあったり。6曲目もお馴染みのカバー曲。この曲もフェイク全開で、ラストのロングトーンで締めくくる辺りも絶好調って感じ。7曲目はグローブ座でも聴いた新曲で、あの時の反省を生かしてか難しい手拍子は無く、最初からリズムボックスが登場。代わりにスキャットのコーラスを客席にお願いしていたけど、これは大成功。最後はアコギとリズムボックスを止めて、フロアのコーラスのみで歌った大サビは鳥肌モノだったわ。8曲目は軽快なストロークで弾む歌声から。間奏ではハイテンションなスキャットを入れたり、2コーラス目の「ほら聞こえてきた」のフレーズではアコギを止めて耳に手をあててポーズを取ったりとメチャ楽しそう。9曲目はグローブ座では気持ち入り過ぎてか、やや声の伸びを欠いていたけど、今回は素晴らしいハイトーンを聴かせてくれたな。しかし、「ルビー」は名曲だね。現在ロンドンでレコーディングしている新譜が待ち遠しいわ。で、ラストは爽やかなナンバーで締め。ここでも大サビではヨーデル風なフェイクを入れるとか、ラストはちょっとテンポを上げてロンドっぽくフィニッシュしたり、色々やってくれたね。美紗ぽんの時間オーバーでアンコールも無かったけど、1時間弱のステージは大満足。無事の帰国とレコ発を楽しみに待ってます。
灰色とわたし

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.10.12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

nakamura8cmさん、お待たせしました

レコーディングも順調そうなので、帰国も早そうですね。12月のライブも楽しみだな。

カバーアルバムってのは意外でした。ルビーの音源化はお預けかー。来年の春辺りにはシングルでもいいんで、聴きたいわ。

2009-10-15 木 23:27:31 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

待ってました!

う~行けなかったのが残念!明日館も好きな場所なのでなおさら残念!!
ジョニの曲、聴きたかったなあ・・・とは言えもうすぐ久々に生で見れるのだ。そろそろ帰国でしょうか。しかしカバーアルバムってことは「ルビー」は入らないんでしょうかね?

2009-10-15 木 01:01:59 | URL | nakamura8cm #9BIWInAM [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。