スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

orange pekoe@duo

7/9は渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われたorange pekoeのCRYSTALISMOレコ発ツアーに参加。とりあえずセットリストから。

1. Theme of "CRYSTALISMO"!
2. Music is Freedom
3. 踊る星
4. スパークル・ジャーニー
5. スウィート・ムービー
6. Introduction~Didgeridoo
7. 神秘
8. スピカ
9. KUKUI
10. Introduction~yuragi
11. ゆらぎ
12. ホットミルク
13. やわらかな夜
14. マリーゴールド
15. 空に架かるcircle
16. ユートピア
17. キラキラ
18. クリスタリズム
<アンコール>
19. Selene
20. LOVE LIFE
<ダブルアンコール>
21. Honeysuckle

オレペコのライブは昨年10月のパリスマとのツーマン以来で10回目(過去のレポはこちらから)。サポートはその時と同じDr.斉藤良とKb.鈴木けいこに加え、新譜のレコーディングにも加わっていたPerc.岡部洋一とBs.工藤精が新たに参加。岡部さんはTOYONOのサポでもお会いしてたっけ。先ずステージは何時ものようにサポート陣と一馬の入場から始まり、1曲目のイントロが始まるとトモジが登場する展開。この日のトモジの衣装は中央アジアっぽいプリントのロング丈ワンピで、髪はブラウンのロングに革のヘアバンド、足元はお馴染みの裸足だったっけ。三連ゴールドのバングルも似合ってたよ。トモジは端から跳ねながら歌うとかテンション高かったわ。そのトモジに引っ張られるようにバンドも2曲目辺りからグルーヴが出てきて、一馬と岡部さんが笑顔でアイコンタクトするとかノリノリになって来たよ。3曲目の間奏ではティンバレスとバスドラ、そしてフロアの手拍子のみをバックにスキャットしてたトモジも楽しそう。4曲目はトモジがアコギを抱え、そのストロークに一馬のセミアコが絡むイントロから。途中からバンドも加わったけど、トモジのアコギは拙いながらも結構弾けてた感じ。6曲目はインスト曲で、今度はトモジがディジュリドゥを演奏。岡部さんの派手なタブラソロがカッコ良かった。8曲目はサポート陣が下がり、一馬のエレアコのみでしっとりと。9曲目もサポートは戻ったけど、トモジは座ったまま控えめなアコースティックな演奏。10曲目はまたインストで、けいこさんのOrg.っぽいシンセと一馬のGut Gt.のルネッサンス期っぽいアンサンブルに、トモジも立ち上がって体を揺らしてたな。11曲目は工藤さんはW.Bs.からE.Bs.に戻り、Funkなリズムへ。アウトロでは一馬のGut Gt.とけいこさんのシンセのバトルが熱くて、けいこさんは立ち上がって弾いてましたから。
12曲目から工藤さんがまたW.Bs.にスイッチし、リズム隊はSwingyなワルツでお馴染みの2曲を連発。14曲目は最初は4ビートだったけど、サビの8ビートになるとトモジもステージ前まで出てきてフロアを煽ってったっけ。アウトロではDr.と一馬のバトルもシビレたわ。鉄板曲の15曲目では間奏でのGt.のみのソロではしっかりとフロアの手拍子がサポートするお約束。トモジも手を叩きながら踊りまくってたよ。アウトロではトモジが一馬とけいこさんにスキャットを強要する暴走っぷりも楽しかった。CDではFunk全開だった16曲目はホーンが無いのでサンバにお色直し。それでもトモジはステップ踏みながらステージ狭しと踊りまくるテンションの高さ。アウトロでは一馬が踊るトモジの前まで出かけ、Gt.ソロで煽ってったのも珍しい光景だったかな。17曲目はこれまでよりFunkさが強調されてて、強力なリズム隊のパワーが目立ってたな。で、本編ラストは新譜のタイトルチューンでキッチリ締め。アフロなリズムに合わせ、一馬もFunkyなカッティングしてたのもレアだった。何時ものように歌が終わると先にトモジが下がって、そこからのアウトロが凄まじいバトルの連続。フロアも前の方はみんな踊りまくってて、盛り上がってフィニッシュ。アンコールではトモジはヘアバンドを外し、ブルーグレーのツアーTeeに着替えてた。19曲目は一馬と二人きりで、切ないバラードを。トモジの泣きのヴォーカルが強烈に染みたな。サポート陣を紹介しながら呼び込み、20曲目は各パートのソロでまたフロアを沸かせ、一馬のサイコーコールも出たし、フロアの大合唱も楽しかったわ。こうなると当然ダブルアンコールがかかりますね。それに応えてくれるオレペコにも感謝。定番曲の21曲目もアフロ色が濃くて、これまでよりダンサブル。楽しく踊って2時間半のステージをすっかり満喫した。アルバムはちょっと印象悪かったけど、やっぱオレペコはライブに尽きるわ。
CRYSTALISMO(初回生産限定盤)(DVD付)

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.10.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。