スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

畠山美由紀@品川教会

8/22は品川のキリスト品川教会グローリアチャペルで行われた畠山美由紀の「芸能生活 15周年 真夏の教会 "LIVE CHRONICLE"」と題された2Daysの二日目に参加。ちょっとアヤシーけど、セットリストから。

1. 輝く月が照らす夜
2. 愛にメロディ
3. 海が欲しいのに
4. So Far Away
5. Don't Know Why
6. Summer Clouds, Summer Rain
7. クレマチスよ
8. Universo ao meu Redor
9. 心の半分
10. 真夏の眩暈
11. 甘い理由
12. 高台の家
13. So in Love
14. 若葉の頃や
15. Diving into your mind
16. ロマンスをもう1度
<アンコール>
17. 星が咲いたよ
18. The Water is Wide

美由紀姐さんのライブは5月のSalyuとのツーマン以来で、12回目(過去のレポはこちらから)。例年だと年末に行われる品川教会でのライブ、今年はちょうどベスト盤『CHRONICLE 2001-2009』がリリースされたことや、冬にはPort of Notesのレコ発ツアーが行われるってのを受けて夏にシフトされたんでしょうね。姐さんの衣装は胸元の露出度が高かったブルーのワンピースで、髪は野音からかなり伸びてた感じ。今回のサポートは前回の野音と同じく、Dr.芳垣安洋、Bs.鈴木正人、Pf.中島ノブユキというPf.トリオ。これまで姐さんの品川教会でのライブは3回ほど参加してきたけど、このサポート陣がベストだったんじゃないかな。そりゃ、去年のオーチャードの方がゴーカな面子だったけどチャペルでフルバンドは似合わないよね。姐さんとも付き合いが長くてスキルの高いPf.トリオって、このシチュエーションにピッタリだったわ。姐さんもオリジナル曲からカバーまで、あまり濃いヴォーカルにならずグルーヴ重視で歌ってたっけ。で、9~12曲目では野音に引き続いてDSKがゲストでPoNの新曲を演奏してくれたけど、DSKのおしゃべりが長かったのはちょっと空気が読めてなかったかも。セット的には野音での選曲にプラスアルファした感じで、もうちょっと入れ替えてくれた方が楽しめたかな。「遠い灯、遠い場所」とか聴きたかったなー。PoNのツアーにも参加予定なので、またレポしますね。
CHRONICLE 2001-2009

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.11.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。