スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

音楽劇「トリツカレ男」@銀河劇場

9/13は天王洲の銀河劇場で行われた音楽劇「トリツカレ男」を観て来ました。

音楽劇は一青窈の「箱の中の女」を去年見て以来で、今回も195ちゃんの歌が聴きたいというヨコシマな目的で参加。195ちゃんは結局5~6曲歌ってたかな。ステージ下手にはピアノがずっと置かれてて、オープニングは青柳拓次とのデュエットでスタート。第一幕はあまり歌わなかったけど、第二幕はソロの「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」から始まって195ワールド全開。外国から来た女の子という設定だったんで、セリフも少なくてあまり声が通らない弱点も救われてたっけ。

第二幕は歌う場面も出番も多くて、嬉しかったわ。ハッピーエンドの場面での坂元健児さんとのデュエットで「ジュゼッペとペチカ」、そしてフィナーレでは出演者全員でクラムボンの「id」を歌ってくれて良いエンディングだったよ。195ちゃんはチベット風な衣装で、モスグリーンのブーツはCMでもお馴染み。相変わらず彼女が歌い出すと会場の空気を一変させちゃう存在感が光ってたな。他の出演者では尾藤イサオの楽しいキャラと、浦嶋りんこの迫力のある歌が良かったね。あと、出演者皆さんのダンスも良く考えられてて、ダンスしながらのセット転換とかも見とれてしまったわ。

「ジュゼッペとペチカ」と「id」が収められたCD付きパンフレットもゲットして、これを聴くたびにあの空間が思い出されるってのもいいね。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.12.20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-10-15 火 09:00:54 | | # [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。