スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

アバター

約2年ぶりの映画レビューですね。作品は奇しくもその時の「ベオウルフ」と同じく3D映画となった「アバター」でした。ネタバレ全開で行きますので、未見の方はご注意を。川崎の109シネマズでIMAXの吹き替え版見ましたが、「ベオウルフ」ほど3Dの弊害も感じずナチュラルな立体感を楽しめたわ。

言わずと知れたキャメロン監督作品。個人的には「アビス」以外はほとんど見ている、大好きな監督さん。特に「T2」と「エイリアン2」は今でもゾッコンですよ。「タイタニック」以降は鳴りを潜めておりましたが、この「アバター」でまた爆発してくれましたね。見終わっての第一声は「キャメロン復活」って感じ。で、第二声は「ストーリー的には『ダンス・ウィズ・ウルヴス』と『風の谷のナウシカ』を足した感じだったかな」。これ、ネガティヴじゃありませんよ。大肯定な印象っす。この両作品は大好きで、キャメロン監督もきっと好きだったでしょうね。特に日本のアニメに精通しているキャメロン監督、宮崎作品についてもコメントが多く残ってますから。素敵なオマージュですよね。

「ダンス・ウィズ~」に関しては、惑星パンドラの原住民のライフスタイルがネイティヴアメリカンをかなり意識した設定だったことと、単身そこへ乗り込んで同化しようとする主人公の姿に影響を感じた。「~ナウシカ」については明確なイメージではなく、ドラゴンに乗る浮遊感とか「大地との絆」といった抽象的な概念での繋がりで思いついたっけ。まあ、開発と自然勢力との闘いでは同じく宮崎作品の「もののけ姫」やら、ドラゴンについてはアン・マキャフリイの竜戦士シリーズなども連想したかな。でも、原住民とドラゴンとのナチュラルなジャックインってのは新しかったねー。

他にもアニミズム的な「死者の声を聞く」という点ではダン・シモンズのエンディミオンシリーズを彷彿とさせてくれたし、自然界の集合知という点では山田正紀の「宝石泥棒」のワンシーンを思い出させてくれるなど、SFマインドあふれるイメージを提示してくれるキャメロン監督には頭が下がるよね。なお且つ、地球勢力のヘリ部隊のコードネームに"ワルキューレ"を使って「地獄の黙示録」に敬意を払い、更にモーションセンサーの再登場やシガニー・ウィーバーの起用は自身の「エイリアン2」を懐かしむかのような演出も憎かった。

いや、キャメロン監督自身も目一杯楽しんでいるのが目に浮かぶような娯楽大作、こちらもエンジョイさせていただきましたよ。

スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

2010.01.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。