スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Dois Mapas@YEBISU GARDEN PLACE

一昨日のLe 3に続き、昨日もDois Mapasのステージを見てきたましたので、レポします。Dois Mapasのライブは初参戦でした。で、不完全ですみませんがセットから。

1. ?(ポルトガル語のボッサ)
2. ?(日本語のボッサ)
3. 三月の雨(アントニオ・カルロス・ジョビン)
4. ブラジルの水彩画(ジョアン・ジルベルト)
5. アヒル(アントニオ・カルロス・ジョビン)
6. しののめの空
7. ?(新曲)
8. 極東組曲(新曲)
9. それはそれで
10. 飛んでったサンビスタ

不明な点は今後、新美さんのブログか、公式HPのときわさんの日記などで正確な情報が出ることを期待しましょう。
5曲目まではボッサのスタンダード、それ以降がオリジナルという構成でしょうか。サポートは最初の2曲がFlute/Saxのみ、それ以降はそれに加えてCelloとPercussion。もちろん新美さんも全曲でGut Guitarを弾いていました。

ときわさんの衣装はペイズリー柄の袖なしブラウスに、水色のロングスカート。扇子のデザインのイアリングがおしゃれでしたね。ときわさんは歌いながら結構ステップ踏んでて、揺れるイアリングがカッコ良かったわ。ステップもかなり本格的で、サンバ踊ってもいい感じじゃないかな。
一方、新美さんは緊張気味だったみたいで、3曲目ぐらいまではフレットを押さえる指が震えてたみたい。

しかし、ときわさんの歌声は癒されますね、α波出まくってた感じ。CDでは低い方がメロウで好みだったんだけど、生ではそれに乗るヴィブラートがとても心地よかった。
現在レコーディングという新作にも期待しています。

1.9.0 / Dois Mapas
1.9.0

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2005.10.10 | コメント(0) | トラックバック(2) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikbox.blog5.fc2.com/tb.php/82-eef530ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Eris & Tom (Antonio Carlos Jobim & Eris Regina)

World-Brasil-MPB : ★★★★★ Elis & Tom ブラジル音楽ファンならずとも納得せずにいられない1枚だろう。 エリス・レジーナとアントニオ・カルロス・ジョビン。 ブラジルを代表する歌姫と、ボサノバの父であり世界的な作曲家。 2つのビッグネームが共演した19

2005.11.25 02:39 | 楽しい音楽を聴く♪

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)~ブログ内検索~

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim) 作編曲家 ギター/ピアノ奏者 歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン(1927-1994)は、リオ・デ・ジャネイロ チジュッカ地区生まれ。14才の頃からピアノや作曲を学び始める。 1953年、オデオンレコード(EMI・ブラ

2005.11.19 18:18 | 楽しい音楽を聴く♪

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。