スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

笹川美和@品川教会

3/19はキリスト品川教会のグローリアチャペルで行われた笹川美和の「Second Nature」と題されたワンマン第二夜「春闇」に参加。先ずはセットリストから。

1.朧月夜
2.流れ星
3.さよなら
4.旅物語
5.陽炎
6.しゃぼん玉
7.蜃気楼
8.女神
9.笑
10.春霖
11.過去
12.どうぞ
13.光とは
14.ニセアカシア
<アンコール>
15.舞う花びら
16.約束


ササミのライブは去年4月のツアー以来で、14回目(過去のレポはこちらから)。ササミの品川教会も一昨年に続いて2回目で、何と今回は驚きの1列目。でも、ピアノから遠い方の端っこだったのが残念。この日は数台のTVカメラが入っていてDVDとしてリリースされるとか言ってたっけ。19:30の開演時間を5分ほど過ぎて客電が落ち、風の音のSEがスタート。風の音に打ち込みのビートが混じって来るとお馴染みのサポートKb.林有三さんが入場し、スタインウェイのアコピでインプロっぽい演奏をスタート。演奏が1曲目のイントロに変わるとササミも登場。彼女の衣装は白地にブルーで墨絵風なプリントのワンピに黒のレギンスで、足元はハイヒールサンダル。髪は軽いカラーリングのいつものショートで、いつになくキッチリとメイクしていたのはDVDになるからか。で、歌い始めて直ぐに音を外し、「もう一回」と言い放ちステージを下りるササミに客席から大きな拍手。ササミのファンにはすっかり恒例となってしまったハプニングだけど、DVD化のためでなかったらそのまま歌い直していたんだろうな。また林さんも下がってからの仕切り直しは、何とか無事に乗り切って一安心。後半はササミもスタンドマイクを握る手にも力が入って、コブシも回ってたね。2曲目は懐かしいナンバーで、ライブでは4年前のBLITZぶりかな。切ないウィスパー気味での繰り返しが多い歌詞は、言霊の歌姫ササミの本領発揮だったかな。3曲目は祈るように両手でマイクを包み込みながら歌ってたっけ。この後もこのポーズが多かったのは、カメラリハとかで演出面からの要望だったのかな。比較的クールな表情が多いササミが、この曲のサビでは情念こもった修羅のような横顔を見せてくれたのも意外だったわ。少しMCが入りここから新譜『miwaTALE』の4曲。CDではケルト全開のアレンジだったけど、アコピだけでも雰囲気はあったね。でも、たまには昔のようにブズーキやフレームドラムのサポートでササミの歌を聴いてみたいね。4曲目は流れる雲、5曲目は立ち上る陽炎のようなバリライトでの照明も活躍して、ササミワールドを色濃くしてくれてた。ササミもケルトなメロディを物ともせず、コブシ回して本領発揮。6曲目からササミがアコピへ、林さんはパイプオルガンのコンソールへ移動。ピアノ弾き語りでの歌い出しから、サビでフーガ的なバッキングが入る展開。Org.はPA無しだったと思うけど、やや音量が小さかったかも。7曲目はアップダウンの激しいメロディで、ちょっとねえやん的な印象。まあ、そこにコブシが入るのは流石にササミか。
ここで一旦二人が袖に下がり、インターミッション。しばらく打ち込みのシンセが低く流れ、ササミが中央のスタンドマイクへ、林さんがアコピに戻ってステージが再開。8曲目はライブでは初めて聴いたかも。アウトロのハミングのような軽いスキャットが雰囲気あったわ。ここでまた先ほどのようにピアノとオルガンにスイッチし、9曲目はササミの代名詞とも言える曲。ラストのアカペラは吹っ切れた感じで歌ってたのが印象的。ここでまたスタンドマイクとピアノに戻って、お得意の祖母をネタにしたMCがあり、10曲目は打ち込みのストリングとPf.のイントロから。最近のササミらしい艶のある低い声にシビレたな。低い声が女性らしい柔らかさを感じさせてくれるのに対し、ササミのハイトーンは芯の強さが出てるかな。大サビでの身をよじりながら絞り出すような、情念が噴出したフェイクも凄いの一言。11曲目も多分ライブでは初のレア曲。2daysだと大胆なセレクトができるんで、貴重な曲が聴けて嬉しかったよ。途中からCDでも使われていた雨音のSEも入ったりと、ササミの世界観を一層感じられたっけ。12曲目も珍しい曲で、生では北東アジアっぽい感じのフェイクが彼女らしかったね。13曲目は前回と同じくフロアに降りて来て生声で歌ってくれたけど、ほぼ真横だったので遠かった前回より声が響いてこなかったのが残念。高い天井に響いてた残響だけ聴いてた感じ。本編ラストはまたオルガンとピアノの編成で、個人的な必殺曲。ドローンのようなOrg.の低音とササミのハイトーンの揺らぎのマリッジは鳥肌もの。サビのフェイクもコブシ全開でグルーヴが半端なかったよ。アンコールは林さんのPf.からで、ササミは本編からのご機嫌さが続いてて派手なフェイクも飛び出す始末。オーラスは林さんが下がり、アコピ弾き語りで締め。前回の品川教会でもこの曲で終わったけど、ノリは今回の方がアップしてたね。いや、1時間半ほどと時間は短かったけど、ササミらしいステージでお腹一杯になったかな。今度は是非ケルトな構成でのライブもお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2010.04.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。