スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

二階堂和美@晴れたら空に豆まいて

4/12は代官山の晴れたら空に豆まいてで行われた「4月の箱庭療法」と題されたイベントに参加。二階堂和美のみで申し訳ありませんがちょいとレポります。かなーり怪しいですがセットリストから。

1. 萌芽恋唄
2. あなたと歩くの
3. いてもたってもいられないわ
4. 今日を問う Part2
5. 猫とアタシの門出のブルース
6. 絵空葉書
7. Lovers Rock
8. めざめの歌
9. 女はつらいよ

にかさんのステージは昨年末エゴラのゲスト以来で10回目(過去の参加履歴はこちらから)。ほぼ定刻の19:30ににかさんがトップバッターでイベント開始。この日のサポートはアコピの黒瀬みどりさん。にかさんの衣装はラベンダー色のモフモフした素材の膝丈パンツドレスで、シルバーのローヒール。髪はこの所定番の短めボブに、白い牡丹のような大きな髪飾り。1曲目は新譜『solo』のオープニングトラックで、イントロから口二胡っぽいスキャットが飛び出すにかさんらしさ全開な幕開け。2曲目ではステップを踏みながらアコギをかき鳴らし、「私もう絶好調」というシャウトも飛び出すとかハイテンションさ。3曲目はラグタイムっぽいPf.に乗り、跳ねるわ、踊るわ、叫ぶわと天井知らずのノリよう。で、4曲目は更にその上を行き、口トランペットでのソロのイントロからにかさん節が爆発。うなりまくり、叫びまくり、挙句に早口でまくし立てるとかノンストップな大騒ぎ。Pf.とアコギと歌だけでこのグルーヴはやば過ぎだったわ。5曲目はアコギを下ろし。友人に送った歌だとか。最初はルーツなブルーズから始まり、後半は日本的なブルーズも混ぜるあたりがにかさんらしかったね。
6曲目は緊張感の高いアルペジオで静謐に歌い始め、徐々にミニマムなPf.が絡む展開。語るような歌から、いきなりキョーレツなハイトーンへと移るドラマティックな歌世界もにかさんならでは。7曲目ではまたアコギを下ろし、口二胡のイントロから歌い始めたけど、音を外し「ゴメン、失敗した」と謝り、歌い直すにかさんも珍しかったな。この曲にはコダワリがあるようで、完璧に歌いたかったんだろうね。流石に二回目はビシっと決めてくれたわ。8曲目は新譜に収められた、最近のにかさんらしいシャンソンっぽいナンバー。前半はアコギのみ大サビでアコピが少し入って、朗々と歌い上げてたっけ。9曲目はまだ音源になってない曲で、タイトル通りに寅さんを意識した彼女らしい和風なナンバー。最後はフロアとのコール&レスポンスもあって、盛り上がってフィニッシュ。続いてのパスカルズもユルくて楽しいステージだったけど、アンコールでにかさんがスキャットで乱入。更にダブルアンコールでも踊りで参加と最後まで楽しませてくれたよ。
ソロ

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2010.07.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。