スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

松崎ナオ@BOXX

10/29は渋谷のBOXXで行われた松崎ナオの「おいしい時間」と題されたワンマンに参加。不明曲が多いですが、いつものセットリストから。

1. 東京の空
2. こう思う
3. 空の部屋
4. ?
5. 金魚をすくう
6. 川べりの家
7. 風の便り
8. つめたいあたたかい
9. きれいな果物
10. 交差点の置き手紙
11. ?
12. 哀しみが止まらない
13. あけびの空
14. ?
15. How to be A Sun
16. 神様々々
<アンコール>
17. きよし、この夜

ナオさんのライブは昨年秋のワンマン以来で、13回目(過去の参戦履歴はこちらから)。この日のサポートはお馴染みのサポートはBs.湯浅崇、Gt.小宮山聖と、Dr.はいつもの長すぎるメンバー紹介が無かったので不明。ナオさんの衣装はジーンズに白に刺繍とか入ったゆったり目のトップス。腰にはお約束のレースのアクセサリーも巻いてて、足元は白いスニーカー。昨年同様にキッチリとメイクもしてて、髪もワックスでラフに跳ねを入れてたりと念入り。昔みたいにスッピンに近くて、髪も洗いたてをしばっただけてってことが無くなっちゃったな。1曲目は去年と同じ幕開けだったけど、ナオさんのストンプと、4人のクラップのみで歌うという趣向。湯浅さんのクラップのみビミョーにずれてて、ナオさんも苦笑しながら歌ってたし、フロアからも忍び笑いがもれてたっけ。でも、湯浅さんはBs.を担いでからが本領発揮、この日もシビレるフィル満載でしたよ。去年は椅子席でマッタリ気味だったけど、今回はスタンディングでバンドもノリが良かった感じ。特に13曲目はバンドのグルーヴとナオさんのエモなヴォーカルがフィットしてて、この日のベスト曲だったわ。MCは相変わらずユルいムードだったし、曲の合間に寸劇っぽいセリフをはさんだりとナオさんらしい演出も何度かあったな。本編ラストではしつこいメンバー紹介を省略した代わりに、ナオさんがバトントワリングを披露する余興もあって盛り上がってフィニッシュ。オーラスはまたナオさんにしか出せないハートフルなROCKナンバーで締め。1時間45分弱のステージ、年に一度のワンマンだけどかなりお腹一杯になった気分。あと、不明曲は多分新曲だと思われるんで、来年のワンマンがレコ発になることを祈ってます!

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2010.12.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。