スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

一十三十一@日大芸術学部

11/3は日大芸術学部の学園祭で行われた「プチロックフェスティバル」というイベントで一十三十一のステージに参加。とりあえずセットリストですね。

1. 君に、胸キュン(イエロー・マジック・オーケストラ)
2. 星影の小径(ちあきなおみ)
3. ラブリー(小沢健二)
4. フライデイ
5. 今、パークウェイ
6. なでしこレボリューション
7. GO NO GO
8. 恋の予感(安全地帯)
9. Stand by U(東方神起)
10. Smile(Nat King Cole)

十一ちゃんのライブはRSRのシークレット以来で、17回目(過去の参加履歴はこちらから)。十一ちゃんの衣装は黒いミニワンピにケミカルウォッシュ風なスパッツと赤い乗馬ブーツ、そして燕尾服の上着をオン。黒髪ストレートロングに青と黒の鳥の羽根の髪飾り。サポートはタブラ/バリトンホーンのU-zhaanが全曲参加、3曲目以降にGt./タブラで藤枝暁、5~7曲目と9~10曲目にT.Sx.後関好宏という編成。お馴染みのゴセッキー氏は急遽参加が決定したようで、Twitterで数日前いきなりリハに呼び出された顛末がつぶやかれてたのをニヤニヤ眺めてましたっけ。この日は十一ちゃんご自慢のワイヤレスマイクが不調で調整に手間取り、約20分ほど押してのスタート。特にフロアへの突入などの演出も無かったのでワイヤードに変更すれば良かったのに、ダラダラと調整していたのは学園祭とは言えちょっといただけなかったかな。開演してからもタブラの調整が多くて、十一ちゃんがMCでつなげばいいものをビミョーな間が多過ぎ。十一ちゃんの「タブラ多いですね」の問いに「キーを変えてくれないアンタのせいでしょ」とU-zhaan氏も若干キレ気味。後半はゴセッキー氏が MCでも活躍してくれたので助かったわ。1~2曲目はタブラとのデュオだったけど、スチールパンのようなタブラと浮遊感のある十一ちゃんのヴォーカルの相性は良かったな。6曲目は十一ちゃんとU-zhaan氏が出会った曲で、U-zhaan氏によると「こんなにタブラの入った歌謡曲は後にも先にも無い」とか。で、この日のハイライトは藤枝氏がタブラにスイッチしてのツインタブラによる8曲目。1コーラス目はダビーに、それ以降は南インド風な高速タブラでとトリップしそうなビートだったわ。1時間ちょっとのステージで十一ちゃんのパフォーマンス的には前半ややノリが悪かったけど、中盤のオリジナル曲以降は安定してきて先ず先ずだったかな。来年、主演映画「百合子、ダスヴィダーニヤ」の公開に併せ、アルバムもリリースするという発表もあったので、楽しみに待ってます。
Letters(紙ジャケット仕様)

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2010.12.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。