スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

MASS OF THE FERMENTING DREGS@FEVER

11/23は新代田のFEVERで行われたMASS OF THE FERMENTING DREGSの『ゼロコンマ、色とりどりの世界』レコ発ツアー東京公演に参加。アヤシイとこもありますが、セットリストから。

1. なんなん
2. まで。
3. ワールドイズユアーズ
4. ひきずるビート
5. かくいうもの
6. She is inside, He is outside
7. I F A SURFER
8. ONEDAY
9. サイダーと君
10. 終わりのはじまり
11. ズレる
12. エンドロール
13. skabetty
14. さんざめく
15. RAT
16. ゼロコンマ、色とりどりの世界
17. ハイライト
18. ベアーズ
<アンコール>
19. delusionalism
20. このスピードの先へ

マスドレのライブは6日のEMI ROCKS以来で22回目(過去の参加履歴はこちらから)。ほぼ定刻の19:00に客電が落ち、いつものSEでステージがスタート。先ずいさこんとチエポンが入場。チエポンの衣装は前回と同じく深緑のキャミっぽいトップスでボトムは不明。FEVERはステージが低いのでスミマセン。髪も前回と同じくブラウンのショートで横分け。しばらくしてなつこんも登場し、彼女の衣装はカラシ色のワンピで髪は軽いカラーリングのロングと変わらず。お馴染みの挨拶から「せーの」で始る幕開けではなく、アカペラから歌い始めるとか初めての演出かも。1曲目は全体的にスローなテンポで、じっくり聴かせてくれたっけ。2曲目からはいつものマスドレらしく爆音で攻めて来て、フロアも徐々に盛り上がって来たよ。4曲目のイントロ中に軽い挨拶があり、曲が始まると本格的なモッシュも始まり、アウトロでチエポンが前へ出てくるとフロアは更にヒートアップ。で、5~7曲目のキラーチューン三連発で早くも昇天。もうね、前半から出し惜しみしないサービス精神に頭が下がるわ。8曲目の前にチューニングで間が空くと「息上がっとるやないけ」と関西弁での声が飛んだように、シャウトしまくりの全力疾走でなつこんは肩で息してたな。8曲目でちょっとペースを落としたけど、9曲目のバンド全体でのキョーボーなビートが強烈過ぎ。10曲目も土俗的なリズムが以前のライブより強くなってて、いさこんのオカズもてんこ盛りでシビレっ放し。11曲目はチエポンのGt.が切れてて、リズム隊もちょっと押され気味だったかな。12曲目でまたマスドレのもう一つの魅力であるリリカルさを味わって、12/15からiTMSでの映像配信開始という告知があり、13~14曲目は浮遊感のあるコーラスワークを堪能。15曲目はインスト曲だけど、なつこんのBs.ソロにいさこんが鋭いツッコミ入れるとか緊張感ある演奏。16曲目は人気曲だけあってフロアもまた盛り上がり始め、それを見てたなつこんも思わず笑顔が出てた。そして、最近復活してる鉄板な締め2曲でフロアも頂点へ。17曲目はまたGt.の新しいアイディアが盛り込まれてたり、18曲目も変態ビートに磨きがかかってたりと進化しているのが凄いわ。アンコールは本編中に力を出し切った感があったので、やや力が抜けてたかな。まあ、1時間45分精一杯のステージ、お腹一杯になりました。12月のQUATTROも参加しますので、チエポンのラストステージを盛り上げたいっすね。
ゼロコンマ、色とりどりの世界

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2010.12.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。