スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

安藤裕子@東京国際フォーラム

12/5最後のライブは東京国際フォーラムのホールAで行われた安藤裕子の"JAPANESE POP"ツアーファイナルに参加。とりあえずセットリストです。

1. 私は雨の日の夕暮れみたいだ
2. 健忘症
3. Green Bird Finger.
4. New World
5. マミーオーケストラ
6. み空
7. 雨月
8. アネモネ
9. court
10. 忘れものの森
11. Dreams in the dark
12. 海原の月
13. WORLD'S END SUPERNOVA
14. パラレル
15. Paxmaveiti ラフマベティ -君が僕にくれたもの-
16. 歩く
<アンコール>
17. 青い空
18. 問うてる

ねえやんのライブは8月のRSR以来で13回目(過去の参戦履歴はこちらから)。開演時間の17:00を10分ほど過ぎて客電が暗くなり、サポート陣と共にねえやんが入場。サポートはRSRに引き続きKb.山本隆二、Gt.山本タカシ、Cho./Kb./Perc.新居昭乃、Dr.佐野康夫、Bs.三浦謙太郎の5名。シンと静まり返った中、もっさんのOrg.が低く入って行き、昭乃さんのグラスハープっぽいシンセが絡んで行く幻想的な長めの序曲とも言える幕開け。バンドが入り1曲目のイントロに移ると、いよいよねえやんにスポットライトがあたって、この日の衣装はスカートの裾に端切れを縫い付けたような真紅の膝丈ドレスに、RSRと同じくビーンブーツを合わせてたっけ。髪は軽いカラーリングのロングで、少しウェーヴをかけてたかな。スカートをつまみキュートなお辞儀をすると、いきなり両手を振り上げフロアを煽るアレグレッシヴなスタート。間奏では髪を振り乱してのヘドバンかましたり、大サビではエモなロングトーンで端から攻めてたよ。2曲目はスタンドマイクに変わり、イントロから両手のアクションも大きかったな。間奏ではローディーさんから E.Gt.を受け取り、ハウリングさせたり、スクラッチしたりのたどたどしいGt.ソロもあったね。3曲目ではGt.を下ろし、手拍子を煽りながら、お客さんに立つように促すねえやん。この曲ではRSRではややフィットしてなかった新しいリズム隊が凄いグルーヴを叩き出してた。それに負けないようねえやん節全開なフェイクで応酬してたりと、激しいバトルもシビレたわ。軽いMCをはさみ2曲新譜から歌ったけど、せっかくスタンディングにしたのにペースを落としちゃったのがちょい疑問。この2曲はねえやんが目指す新たなシティポップの姿が表現されてたけど、スタンディングではキツイんでは。お客さんに立ってもらうならラストスパートから、とか構成を考えた方がいいよね。6曲目は定番曲だけど、新リズム隊により少しイメージが変わった感じ。この曲では毎度のようにねえやんが体を前後に揺するのだけど、この日は前後と言うよりは下から突き上げるような動きに見えたんだよね。歌声にも湧き上がるエネルギーのようなものも感じたし、新たな「み空」になってたみたい。7曲目は初期の曲で比較的演奏回数が少ないけど、林檎っぽいROCKナンバーで好きなんだよね。ねえやんらしいブルーズ魂が爆発してたな。9曲目は一転してねえやんのアダルトなウィスパーと、それに寄り添う昭乃さんのコーラスがお洒落なムード。ここでもっさん以外が下がり、ねえやんも椅子に座って、恒例のアコセット。長めのMCもあって、ゆったりと9曲目へ。初期の曲のように地声とファルセットを忙しく行き来するスタイルが懐かしかった。10曲目も懐かしいナンバーが来たけど、昔よりファルセットが安定してて少し印象が違ったな。キレイなんだけど、ハートが感じられなかったかも。11曲目でバンドが戻り、打ち込みのリズムからアコギのみで歌い出す展開。間奏からリズム隊が参加し、昭乃さんとタカシ君のコーラスワークもポップで楽しかった。12曲目はPf.のみのイントロにスキャットが絡む出だしから鳥肌。ねえやんのキョーレツな泣きも決まって、個人的なこの日のベストパフォーマンスに決定。
13曲目はくるりのカバーで、原曲のFunkさは控えめにしてROCK度をアップしたアレンジ。このリズム隊ならではのスピード感が活かされていて、キョーレツなグルーヴだったよ。アウトロでは今度は明和電気から借りたと思われる大きなオタマトーンで激しいソロを弾くとか、ねえやんもノリノリ。途中のMCで楽器にぶつけて額をパックリ割ったと言うのはこいつのせいだったみたいだね。そこからメドレーで14曲目になだれ込む展開も素敵過ぎ。今年のリズム隊は少しBPMも上がって、半端ない疾走感。ニューねえやんROCKチューンとして見事に生まれ変わってた。ラストでブレイクを入れまた走り出す呼吸の良さも、流石ツアーファイナルって感じ。15曲目はCDとは違い、ねえやん的ROCK'A BALLADに変身。泣きとエモさが気持ちよく同居してたわ。お別れの挨拶があり、新譜のクロージングトラックで本編を締め。RSRでは気持ちが先行してまだ歌い切れてなかったけど、この日は上手くバランスが取れてて一安心。アウトロ中にステージ中央、右、左で一礼して先に下がったねえやん。アウトロを長く演奏してくれ、美しい余韻を残してくれたバンドにも大きな拍手が送られてたけど、納得です。アンコールではグッズのグレーコットンワンピにジーンズを重ね着し、足元はビーンブーツのまま再登場。三浦さんにグッズ紹介のMCを任せ、ねえやんはラウンドガールよろしくTシャツなどを掲げてステージ左右の花道まで出かけて宣伝。自分は2階席の2列目上手側にいたので、かなり近くまで来てくれて嬉しかったよ。アンコール1曲目はこの曲が出来たきっかけとなったファンレターについて長めのMCがあったので、より一層この曲が染みたな。で、オーラスはラグタイム入ったPf.とバスドラのみのイントロからねえやんが手拍子をリードし、最後はフロアにシンガロングを要求してそれをバックにスキャットや奇声を入れたりとハッピーなフィニッシュに。演奏が終わるとバンドも前へ出て来て、全員で手をつなぎ歓声に応えていると、天上から紐の付いた掛け軸が降りて来るサプライズ。ねえやんが恐々紐を引っ張ると「ありがとう」と書かれた垂れ幕が下がり、大歓声が沸くと更に天上から虹色の紙テープがステージ幅一杯に落ちて来るオマケもあって2時間20分程のステージが大団円。ここ数年はビミョーにリズム隊が入れ替わって落ち着かないバンドだったけど、しばらくはこのバンドでまとまって行きそうな予感。来春はアコツアーでなく、好調な内にまたバンドのツアーをやって欲しいわ。
JAPANESE POP

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2010.12.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。