スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

paris match@Billboard Live TOKYO

6/30は前々日に引き続き六本木の東京ミッドタウンにあるBillboard Live TOKYOに赴きparis matchの「Our Favourite Pop Tour」東京公演の2ndステージに参加。先ずはセットリストから。

1. Party Down
2. Digging Your Scene
3. A Woman Needs Love
4. Alison
5. あまく危険な香り
6. Kiss of Life
7. There's Nothing Like This
8. Arthur's Theme
9. Mr.サマータイム
10. Never Stop
<アンコール>
11. Close to you

パリスマのライブは昨年10月の10周年ツアー以来で、11回目。定刻の21:30から5分ほど遅れて、その時とはリズム隊が違うGt.樋口直彦、Bs.坂本竜太、Dr.濱田尚哉、Kb.堀秀彰、Sx./Fl.山本一、そして我らがリーダー杉山洋介という男性陣が先ず入場。1曲目のイントロが始まると、マリさんも登場する幕開け。

この日のマリさんの衣装はざっくりしたシルエットの真紅のミニワンピで、足元は黒のストッキングと同じく黒のハイヒール。髪は栗色のショートで、黒のリボンが付いたカチューシャがアクセント。この東京がツアーファイナルで、それも最後のステージってこともあって、落ち着いたスタートだったかな。

『Our Favourite Pop』というカバーアルバムは2007年リリースで、当時は特にレコ発ライブとか無かったっけ。今は亡きHMV渋谷でのリリース記念トークショーに参加してた記憶がある程度っすね。それが、今になってツアーとは何事かと思ったけど、10枚目のオリアルまではもうちょっと時間がかかりそうなので、それまでのつなぎって心配りなのかも。

で、5~6曲目はそのアルバムには入っていなくて、メールやTwitterなのでリクエストされた曲のコーナー。山達、そしてSADEという自分も大ファンのカバーだけに、これが聴けたのは大ラッキー。ただ、他の曲に比べるとバンドのアンサンブルや、マリさんのヴォーカルに冴えが無かったのが心残りだったかな。

中盤以降はこれまでのライブでも何度か演奏されてきたナンバーだっただけに、マリさんのパフォーマンスも、バンドのグルーヴも文句無かったね。特に本編最後の「Never Stop」の疾走感はハンパ無かった。坂本さんのうねりまくるBs.ラインや、堀君のアナログっぽいFunkyなシンセ、そしてフェイクてんこ盛りのマリさんのヴォーカルにはシビレっ放し。

アンコールでは先ず12/3に日本橋三井ホールでのワンマンの告知があり、フロアからも大歓声。アルバムは多分来年に持ち越しになるだろうけど、年内にまたワンマンが見られるってのは何よりの知らせだわ。オーラスのお馴染みのサンバもマリさんのリードでクラップの嵐となって、盛り上がってフィニッシュ。年末を楽しみに待ってますよ!

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2011.07.05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-11-10 木 02:57:22 | | # [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。