スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

中山うり@シアターイワト

7/12は神楽坂のシアターイワトで行われた中山うりの「雨に魔法をかけて」と題された二夜連続公演の初日に参加。ちょっとアヤシーですがセットリストから。

1. パラソルキラリ
2. 雨に魔法をかけて
3. 夏祭り鮮やかに
4. VivaViva
5. 回転木馬に僕と猫
6. 月曜日の夜に
7. 笑う月
8. 黒猫白猫
9. 生活の柄
10. ライオンの歌がきこえてくる
11. 月とラクダの夢を見た
<アンコール>
12. ホタル
13. マドロス横丁
14. 暁のフォルテシモ

うりさんのライブは3月のワンマン以来で、17回目。そして、ここシアターイワトは一昨年2月のニカさんぶりで、2回目かな。通常は演劇を行っているハコだけに、この日もPAはBOSE Panarayシステムを使った簡単なもので、あまり音は良くなかったのが残念。

会社がある武蔵小杉から神楽坂はビミョーに便が悪く、ピンポンダッシュしたのに会場に到着すると既に開演時間を少し過ぎていて、土屋萌児さん作のオープニングアニメが始まってたっけ。アニメが終わるとスタンバってたGt.福澤和也、W.Bs.南勇介、Perc.notchの演奏が始まり、いよいようりさんも登場。

この日の彼女の衣装は紫色主体で、水色や白のプリントが入った膝丈ワンピで、足元は黒っぽいローヒール、少し伸びた栗色の髪をアップにしてたのが珍しかったな。あ、もちろんお馴染みの黒い花の髪飾りもしてたな。

Gt.の福田さんとBs.の南さんは昨年末の新世界でのワンマンでもコンビを組んでたけど、今回はそのコンビにお馴染みのnotchが加わった感じかな。全体的にアコースティックながらもインタープレイや、フロアを巻き込んだシンガロングなどの演出で楽しいステージにしようとしてたわ。

2、6、10、12曲目が新曲で、多分これらの曲も先ず配信からスタートして、その先にはCDとして新譜をリリースしそうな予感。まあ、うりさんの曲はDL販売だろうが、何だろうがつい購入しちゃいそうな勢いなんで、楽しみに待ってますよ。どの曲もうりさんらしいルーツさを隠し持っているナンバーだったので、期待大っす。

ラストの14曲目ではサポート陣が下がり、アコーディオン弾き語りで締める最近のパターン。やっぱ最後になって、うりさんの真価が発揮され、シビレるエンディングになってたよ。うりさんも弾き語りに慣れて来たのか3月よりもアコーディオンのプレイも自由だったわ。

1時間45分を少し過ぎるステージは1/4ほどが新曲だったけど、うりさんらしいユルさとバンドとの駆け引きが絶妙。また近い内にステージを見そうな予感があるんで、ワクテカしながら待ってます!

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2011.07.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。