スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

RIJF 11 その2

RIJF 2011のレポも2日目です。いつものようにTwitterでつぶやいたものに加筆してます(Togetterのまとめはこちら)。

4:50 自然の欲求ににより起床 トイレに行ってテントに戻る
6:00 寝袋の上で転々としてたけど二度寝ならずだらだらと起床
6:10 歯磨き後に屋台で地鳥の網焼きと炒り卵の親子丼で朝食
7:30 テントを出発しバスで会場へ移動 曇りだけど湿度がかなり高い
7:45 会場到着しLake Stageの日陰でビール飲みながら待機
8:30 2杯目のビールを飲んだあたりで気絶 やはり睡眠が足りてなかった
10:20 サウンドチェックでお目覚め 残ってたビールを飲み干した

10:30 阿部真央@Lake Stage
1. 痛み
2. 19歳の唄
3. じゃあ、何故
4. モットー。
5. for ロンリー
6. 貴方の恋人になりたいのです
7. ロンリー

あべまのライブは昨年末のツアー以来で、5回目。その後あべまは声帯の治療のためにライブを休み、アルバムもリリースが延期になって心配してたよ。今回のライブは昨年のバンドからGt.和田健一郎以外が一新されていて、もう一人のGt.にヤイコや北出菜奈でお馴染みだったススムンこと西川進、Bs.はCoccoのプロデュースでも知られる根岸孝旨、Dr.はねえやんのサポでもお目にかかってた佐野康夫というゴーカな面々。この一週間後に同じメンバーでの野音のライブも見たけど、ヤヴァ過ぎるバンドでしたわ。あべまも1曲目から声帯のことなど全く頭に無いリミッター振り切ったシャウトの連続で、見てる方がハラハラするような爆発っぷり。いや、突っ走った35分のステージはあべまの復活をガチで宣言しているようだったな。

11:10 更にビールを追加しLakeでまったり
12:15 Nothing's Carved In Stoneを途中離脱しWing Tentで溝渕文待機

12:20 溝渕文@Wing Tent
1. 夜明け前
2. Loophole
3. アサガタノユメ
4. Color Color Color
5. CHARGE
6. 雨粒

溝渕さんのライブは初参加。CDも春リリースの『アサガタノユメ』で出会ったばかり。この日のサポートはSx./Fl.に奥村愛子のサポでお馴染みの渡辺勇人、Perc./Dr.丹菊正和、Gt.円山天使という変わった編成のトリオ。溝渕さんは終始スタンドマイクで、楽器は演奏してなかったっけ。声はCDよりも明るく華やかな印象で、eicoをちょっと連想したけど、日本人には珍しいブライトネスが印象的。ただ、ラストの「雨粒」のようなマイナーな曲調では、日本的なブルーズに合った湿り気とダークさも表現していて幅を感じたわ。今後も定例となっている国フォのフリーライブとか覗いてみますね。

12:50 Lake Stageに戻りSPECIAL OTHERSをほぼ最初から 気持ち良く踊ってたわ
13:10 スペアザを途中離脱しシーサイドトレインでハングリーフィールドへ
13:30 ハングリーフィールドでパエリアとビールのランチ パエリア大盛り過ぎ

13:50 NIKIIE@Seaside Stage
1. 春夏秋冬
2. NAME
3. HIDE&SEEK
4. 紫陽花
5. little summer

何気にNIKIIEのライブも初めてだね。やはり音源も「紫陽花」のフリーダウンロードで出会い、アルバム『* (NOTES)』を買ったばかりだし。サポートはGt.に以前あべまバンドでお見かけしたGUNNと、Dr./Perc.定成クンゴのお二人。NIKIIEも全ての曲でエレピを弾いてたっけ。彼女の声はCDよりも泣きが強烈で、ちょっとチャトモのえっちゃんを思い出したりも。ガーリーなハイトーンに潜む情念という点でもえっちゃんライクで好印象。MCでは茨城が地元で、この海浜公園も遠足で来た思い出があるとか。故郷に錦を飾る素敵なパフォーマンスだったな。8/23のBOXXは抽選に漏れたみたいだけど、10月のワンマンには参加したいな。

14:30 急いで丘を下ってシーサイドトレインでForestへ

14:50 YUI@Sound of Frest
1. Hello~Paradise Kiss~
2. GLORIA
3. CHE.R.RY
4. Your Heaven
5. 翼をください
6. It's My Life
7. Rolling Star
8. YOU

YUIのライブは一昨年のここ以来で、7回目。シーサイドトレインもかなり混んでいて、Sound of Forestに到着したら3曲目の途中だったわ。おまけにForestも凄い人手で、毎度思うけどYUIでForestはキャパオーバーっしょ!最低Lake、Grassでも全然OKじゃん。7年連続Forestとかほざいてないで、次は広いステージ用意してちょ。徐々にステージ近くに近付いて行ったけど、あまり奥に行くと次のカエラに差し障ると思って中程で我慢。YUIのお姿はほとんど拝めなかったっす。ちらっと見た感じでは春に出演したTVの時より幾分スリムに戻ってて一安心。バンドは一昨年同様に若いメンバーで、キーボードが新たに加わってたかな。「翼をください」のカバーはちょっとピッチが悪くて心配したけど、終盤はノリも良かったな。新しいアルバムとツアーを期待してますんで、ヨロシク。

15:20 シーサイドトレイン乗り場に向かうも大行列 徒歩も渋滞なんで並びましたさ

15:45 木村カエラ@Grass Stage
1. 喜怒哀楽 plus 愛
2. TREE CLIMBERS
3. Deep Beep
4. マスタッシュ
5. Butterfly
6. circle
7. Ring a Ding Dong
8. BANZAI
9. BEAT
10. Magic Music

カエラのライブは去年の武道館以来で、18回目。8/3の浜ブリはチケット取れずに地団駄踏みましたが、ロッキンで見れて良かったわ。しかし、到着したのが3曲目の途中で、彼女のナンバーで最も好きな「ツリクラ」に間に合わなかったのが残念過ぎ。シートゾーンの空きを探して前進して行き、やっと座った頃には4曲目も終わってたな。バンドはアイゴンを加えたフェス仕様レギュラーバンドで、シノッピとキャッシーの機材盗難コンビもご苦労さまです。でも、7曲目では4年ぶりにタオル回しに参加できたし、ラスト3曲ではシートの上に立ち上がって跳ねてしまったのは彼女の復帰を祝うお祭だと思ってね。やはり、「circle」と「BEAT」の2曲はベクトルが違うけど踊れるわ。ステージ上のカエラも復帰直後とは思えないグルーヴを聴かせてくれたし、ダンスも切れまくって絶好調。今年中には大規模なツアーをやって下さい、マジお願いします。

16:25 ハングリーフィールドで久々の水分補給 ジャックソーダが染みたっす
16:45 ふらふら歩いてLakeに戻り筋少を横目に見ながらWing Tentで待機

17:00 日本マドンナ@Wing Tent
1. ラップ
2. 幸せカップルファッキンシット
3. バンドやめろ
4. 汚したい
5. クツガエス
6. 村上春樹つまらない
7. 田舎に暮らしたい

日本マドンナのステージは一昨年のCDJ以来で、2回目。彼女らのホームとも言えるred clothでのイベントに何度か参加しようと思ってたけど、何故か参加できなかったね。でも、久々に見るステージは一皮剥けたどころか、完全に化けてたわ。セットリストは一昨年とあまり変わってなかったのに、心にズンズン響いてきたのには驚いた。前回は三人とも場違い感あふれてて舞い上がってたけど、この日はふてぶてしく、落ち着いてたな。そのおかげでアジテーション力が増して、彼女らの言葉がフロアに浸透してたっけ。ラストの「田舎に暮らしたい」は新しい歌詞を付け加えてたみたいで、これまではやや日本マドンナらしくない曲だと思ってたのが、何となく共感を覚えてしまうほどだったよ。これを期に疎遠だったred clothにも足を運ぶかな。

17:30 隣のLakeに移動しフジファを最初から シンフォニックな曲は好み
18:50 CITTAでお馴染みだった電話ズまで粘るも眠気が襲い会場を後に
19:05 キャンプヴィレッジ到着 23時のシャワー券を20時に替えラッキー
19:30 ステーキ丼とハイボールでディナー
20:15 シャワーを済ますがテントに戻るとまた汗だく
21:00 屋台でチュウハイを買ってきてテントで飲みながらTLチェック
22:45 早めに就寝

本日のライブメーター 約5時間
本日のビールメーター 4杯+ハイボールなど4杯

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2011.08.17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

takanobuさん、お疲れさまでした

やはり徒歩で移動すればよかったかな?

カエラはワンマン見たいですよね!
活動休止前は春と秋にツアーを行ってくれてたけど、育児もあるししばらくはライブも少なくなるのかなorz

2011-08-18 木 21:27:31 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

NIKIIE、YUI、カエラの流れは同じでした。NIKIIEはかなり前のほうで見てました。YUIは1曲目が終わる頃に到着し、カエラちゃんも良かったですよね。次はワンマンで観たいなぁ。

2011-08-17 水 15:26:04 | URL | takanobu #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。